ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

亘理伊達家史料

亘理伊達家史料の写真
 
亘理伊達家文書は、仙台藩一門亘理伊達家に伝わり北海道に持ち込まれた文書類です。
本書は伊達政宗や伊達成実が活躍した天正年間(1573年から1592年)から、北海道への開拓移住を行った明治期に至るまでの古文書を収録しています。
各文書は読みやすい文体に直したもの(釈文)とともに、監修者である佐々木馨博士(北海道教育大学名誉教授)の解説が付けられています。
伊達家文書の特徴の1つは、伊達政宗の直筆の書状が79点含まれていることです。政宗が若いころから晩年のものまであり、筆跡や花押、内容の変化をみることができます。

目次

第一部 貞山公(伊達政宗)御書
第二部 義山公(伊達忠宗)御書
第三部 仙台藩伊達家御書
第四部 一門・年寄衆文書
第五部 その他書状、建白書
第六部 亘理伊達家文書・政宗公御軍配他
第七部 移住関係文書
亘理伊達家史料の概要
著者・発行 伊達市教育委員会
規格 A5版704ページ
出版年 平成24年
金額 5,000円
送料 詳しくは担当にお問い合わせください。

お問い合わせ先

教育委員会生涯学習課文化財係
電話 0142-23-3331(内線513・514)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー