ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

史跡北黄金貝塚公園ボランティア「オコンシベの会」

画像修学旅行生に解説している様子の写真
オコンシベの会の概要
設立年月日
平成13年5月11日
活動目的
オコンシベの会は、史跡北黄金貝塚公園の貝塚や水場跡、復元した竪穴式住居などの展示施設の紹介を通じて、縄文文化の解説や修学旅行生の体験学習を指導するボランティア団体です。
子どもたちに縄文の精神を伝えたい、人とふれ合う喜びを得たい、心と体の健康のためなど、さまざまな思いを持つ方が参加しています。
会の名前の「オコンシベ」とは、アイヌ語で「昆布がとれるところ」を意味するオコムプシペが語源です。
地名の「黄金」は、漢字で黄金蘂(オコンシベ)と呼ばれていたものが改称されました。
活動内容
  • 国指定史跡北黄金貝塚・北黄金貝塚情報センターの現地解説
  • 模擬体験発掘などの体験学習の支援
  • 市の文化財保護活動の支援
  • 自主研修活動(視察・学習会の開催など)
昼食会や納会など、会員同士の親睦を深める機会が多いのもこの会の特徴です。
ボランティア募集
史跡北黄金貝塚公園への来場者が大幅に増加し、公園内の案内や解説をするボランティアの方が不足しています。都合の良い日に活動できるので、どなたでも参加できます。
ぜひオコンシベの会に入会し、ボランティア活動をはじめてみませんか。
興味がある方は、担当課にお問い合わせください。

お問い合わせ先

教育委員会生涯学習課文化財係
電話 0142-23-3331(内線513・514)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー