ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

市民学芸員制度

学芸員は、博物館資料の収集・保管・展示・調査研究とこれらに関連する事業を行う「博物館法」に定められた博物館の専門的な職員です。
この学芸員になるためには、大学・短大で単位を履修することや文部科学省で行う資格認定試験に合格することが必要です。
伊達市では、この学芸員制度にならい、市内で文化行政を進めるために市民の皆さんに専門的な見地から参加・協力してもらうための「市民学芸員」制度を設けています。

担当の市噴火湾文化研究所では、市民の皆さん一人ひとりが持っている能力・知識を生かしながら、博物館学の専門知識を合わせるため、市で開催する文化財・博物館の講習と実習を修了した方に「市民学芸員」の資格を認定しています。
※高校生以上が対象で、市外にお住まいの方も受講できます

講習・実習の内容

  1. 市噴火湾文化研究所が主催する講演会・学会・コンサート・美術展などに参加し、そのレポートを市噴火湾文化研究所に提出する。
  2. 博物館実習を受講する。(大学の学芸員資格取得を行う学生と一緒に受講してください)
  3. 上記の2つが終了後、市噴火湾文化研究所に修了論文を提出する。

修了論文

皆さんが関心を持っているテーマで、論文を作成してください。
論文を作成するための指導は、市噴火湾文化研究所の学芸員が行います。
学芸員はそれぞれ歴史・考古・民俗・美術などの専門分野を持っています。市民学芸員も同様に専門性を高めるために、修了論文の作成を実習内容の1つとしています。
※研究成果は、市で行う展示や講演などに活用します

修了論文の一例

  • 「伊達市内のそば屋の研究-手打ちそば屋密集地の形成過程の把握と観光マップへの利用方法の検討-」
  • 「胆振線の切符の研究-マイコレクションに残る鋏形から」
  • 「伊達市大滝区の遺跡分布とその傾向-表面採集調査の実施報告」

お問い合わせ先

教育委員会生涯学習課文化財係
電話 0142-23-3331(内線513・514)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー