ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

「小氷期のアイヌのくらし」プロジェクト

「小氷期のアイヌのくらし」プロジェクトとは

伊達市噴火湾文化研究所が平成23年から北海道博物館と共同で行っているプロジェクトです。このプロジェクトは
文部科学省の科学研究費助成事業として行っていて、正式なタイトルは「小氷期最寒冷期と噴火・津波がアイヌ民族へ与えた影響」(研究代表者:添田雄二)といいます。
17世紀の北海道は地球規模の寒冷期であっただけではなく、駒ケ岳や有珠山が噴火した時期で、この自然環境の変化が北海道の先住民のアイヌ民族に与えた影響を、有珠地区の地質調査と遺跡の発掘から明らかにすることが目的です。
また、プロジェクトの研究成果を広くお知らせするために、発掘調査を公開するほか、市民向けのシンポジウムの開催を行います。
特に、17世紀に起こった駒ケ岳の噴火と津波の痕跡や有珠山噴火の火山灰で過去の災害の状況がわかるので、今後の防災も意識して情報を発信したいと考えています。
 

「科学研究費助成事業」とは

伊達市噴火湾文化研究所が文部科学省と日本学術振興会から補助金・助成金を受けて行う研究事業で、全国の大学や博物館と共同で伊達市を含む噴火湾沿岸地域の歴史や文化に関する研究を行っています。
研究成果は地域の魅力づくりやまちづくりに活かされるよう、ホームページやニューズレター「噴火湾文化」でお知らせしたり、シンポジウムで公開しています。

科学研究費助成事業内容

科学研究費助成事業の内容
実施年度 研究課題 実施機関
平成30年度から32年度 狩猟採集文化と農耕文化の接触による社会の変容と地域的多様性に関する学際的研究
  • 伊達市噴火湾文化研究所(代表)
  • 東京大学大気海洋研究所
  • 名古屋大学博物館
  • 新潟医療福祉大学
  • 国立科学博物館
  • 国立歴史民俗博物館
  • 北海道博物館
平成30年度から33年度

近代北海道におけるアイヌ民族と地域社会-有珠郡・幌別郡を中心に-

  • 東京経済大学(代表)
  • 国立歴史民俗博物館
  • 国文学研究資料館
  • 伊達市噴火湾文化研究所
平成26年度から28年度 北海道噴火湾沿岸の縄文文化の基礎的研究
  • 伊達市噴火湾文化研究所(代表)
  • 弘前大学
  • 国立歴史民俗博物館
平成27年度から29年度 北海道移住者と先住社会との関係史的研究―明治初期の有珠・幌別・室蘭・白老の比較史
  • 東京経済大学(代表)
  • 国文学研究資料館
  • 東京都公文書館
  • 国立歴史民俗博物館
  • 伊達市噴火湾文化研究所
平成27年度から30年度 小氷期最寒冷期と巨大噴火・津波がアイヌ民族へ与えた影響
  • 北海道博物館(代表)
  • 伊達市噴火湾文化研究所
平成28年度から30年度 明治初年武家の北海道移住に関するアーカイブズの復元的研究
  • 国文学研究資料館(代表)
  • 東京経済大学
  • 東京都公文書館
  • 国立歴史民俗博物館
  • 伊達市噴火湾文化研究所
平成28年度から30年度 火山性フッ素の摂取濃度を用いた人間活動の復元手法の開発
  • 伊達市噴火湾文化研究所(代表)
  • 東京大学総合博物館
  • 新潟医療福祉大学
 

カムイタプコプ下遺跡の発掘調査を行います

「小氷期のアイヌのくらし」プロジェクトの一環でカムイタプコプ下遺跡の発掘調査を行います。
17世紀のアイヌ民族が残した貝塚や畑跡、住居跡などのほか、噴火と津波の痕跡も間近で見ることができます。
カムイタプコプ下遺跡の発掘調査の概要
日時 ※発掘調査は終了しました
平成29年10月10日(火曜日)から10月14日(土曜日) 
午前9時から午後5時
場所 カムイタプコプ下遺跡(所在地:北海道伊達市向有珠町203番地1)
※バチラー夫妻記念教会堂の近く
参加費 無料
申込方法 事前申し込みは不要です。直接会場にお越しください。

お問い合わせ先

教育委員会生涯学習課文化財係
電話 0142-23-3331(内線513・514)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー