ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

地籍調査成果の閲覧

地籍調査とは

主に市町村が主体になって、一筆ごとの土地の所有者、地番、地目を調査し、境界の位置と面積を測量する調査です。
土地に関する記録は登記所で管理していますが、土地の位置や形状などを示す情報として登記所に備え付けられている地図の約半分が明治時代の「地租改正」で作られた地図(公図)などを基にしたもので、土地の境界や形状が不明確なため、登記簿に記載された面積も正確でない場合があります。
地籍調査で作成した「地籍簿」と「地籍図」は、その写しが登記所に送られ、登記所で地籍簿を基に登記簿の記載が修正された後に、地図が更新されます。
地籍調査の成果で不動産登記の精度が高まり、その後の土地取引の円滑化や行政の効率化に役立ちます。

※一筆とは、土地の所有者を公示するために人為的に分けた区画のことです。登記所では、一筆ごとに土地が登記され、土地取引などの単位になっています

地籍調査はこんなときに役立ちます

  • 土地の正確な位置がわからず、隣地との境界争いをしている
  • 土地を売買するときに隣地との境界確認に時間がかかったり、登記簿と実測の面積が違う
  • 自然災害が発生した後、土地の境界がわからないために復旧作業に時間がかかっている
地籍調査は、土地の境界をめぐるトラブルを未然に防ぎ、登記所の地図と土地の現状を一致させ、土地の売買や分筆・合筆が円滑にできるための調査です。
万一災害が発生した場合でも、境界の杭の位置が地球上の座標地と結びつけられているため、迅速に復旧作業を行うことができます。
地籍調査成果は、誰でも閲覧や交付申請をすることができますので、担当にお問い合わせください。

地籍調査の詳しい内容は、国土交通省のホームページをご覧ください。
関連リンク国土交通省ホームページ(外部リンク)

お問い合わせ先

建設部建設課管理係
電話 0142-23-3331 (内線363・364・365・368)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー