ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

下水道でお困りのときは

トイレがつまったとき

水洗トイレは、トイレットペーパーを大量に使用したり、間違って物を落としてしまうとつまってしまいます。
つまったものは、排水設備工事業者でなければ取り除けない場合もありますが、便器内に水がたまるタイプの便器であれば、市販の「ラバーカップ」(2,000円程度)を使って自分で取り除ける場合があります。
つまったときはあわてずに、次の応急措置を試してください。
 
ラバーカップの画像
ラバーカップ
 

ラバーカップを使ったつまりの直し方

  1. 無理に水を流さないでください。汚物が便器からあふれる危険があります。
  2. 便器の周りの床などにビニールや紙を敷いた方が安心です。水が飛び散り、汚れる場合があります。
  3. 便器を包み込む大きさのビニール袋に穴を開けてラバーカップの柄を通し、水ができるだけ飛び散らないようにしましょう。
  4. 便器の排水口にラバーカップの先を静かに強く押し付け、勢いよく引きます。この作業を数回繰り返します。
  5. バケツなどに汲んだ水を少しずつ便器の中へ流し、注いだ水が普段どおり流れるか確認してください。水の流れでつまりが解消されたかが分かります。
  6. 上記4の作業を何度くり返しても、水の流れが悪かったり、いったん流れが良くなってもまたつまるようであれば、異物が残っている可能性があります。
    市指定の排水設備工事業者に相談し、作業内容や見積り額などを確認してから納得できる工事業者に依頼することをお勧めします。

    伊達市排水設備工事指定店の詳しい内容は、こちらをご覧ください。
    関連リンク伊達市排水設備工事(給水装置工事)指定店(内部リンク)
  7. つまり具合の点検や見積書作成には料金がかかる場合がありますので、排水設備工事業者に相談したときに確認してください。
 

排水口から臭いがする

家の中の排水口やその周りでいやな臭いがするときは、臭いの逆流を防ぐ設備(トラップ)がついていないか正常に機能していない可能性があります。
まずトラップがきちんと付いているかなどをご確認ください。
 
排水溝の仕組みの画像
 
トラップや排水管の構造などがよく分からないとき、確認しても臭いの原因がわからないときは、市指定の排水設備工事業者にご相談ください。
排水管などの点検や修繕に必要な費用は個人負担です。
費用は業者によって異なる場合があります。

伊達市排水設備工事(給水装置工事)指定店の詳しい内容は、こちらをご覧ください。

トイレの水道が凍結したとき

排水管が凍結で水が流れないときには、トラップ部分(排水管から臭いが逆流しないようS字などの形状で水がたまる部分)周辺を徐々に温めることで解消することがありますが、一方で、排水管のつまりが原因で水が流れにくい可能性も考えられますので、排水設備業者へ点検を依頼するなど、十分な確認をお勧めします。

伊達市排水設備工事(給水装置工事)指定店の詳しい内容はこちらをご覧ください。

マンホールの周りがおかしい

マンホールの画像マンホールやその周りで次のような現象が起きているときは、担当までご連絡ください。
  • マンホールの上を自動車が通ると振動がする
  • マンホールの上を自動車が通ると蓋から異音がする
  • マンホールの蓋が割れている
  • マンホールが飛び出している
  • マンホールが下がっている
  • マンホールのまわりが陥没しているなど

悪質な訪問販売にご注意

排水設備の点検・清掃の悪質業者にご注意ください。
伊達市内でも、調査・点検などと称してご自宅を訪問し、排水管や私設ますの清掃・修繕を勧める業者がいるとの報告があります。
伊達市が特定の業者へ依頼し、市民の皆さんの宅地内にある排水設備を勝手に点検・清掃させることはありません。少しでも怪しいと思ったときは、市の担当にお問い合わせください。

お問い合わせ先

建設部下水道課総務係
電話 0142-23-3331(内線422・423)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー