ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

シートベルトとチャイルドシートを必ず装着しましょう

道路交通法が改正され、平成20年6月1日から運転席、助手席に加えて「後部座席」のシートベルト着用が義務化されました。
また、6歳未満の子どもが車に乗るときはチャイルドシートの設置も義務化されています。 
 

シートベルトを着用しないで交通事故に遭うと…

  • 自分自身が大きなけが
  • 車外に投げ出される
  • 前席同乗者への加害  
などの危険性があります。
自動車の運転者は、助手席以外でもシートベルトを装着しない者を乗車させて自動車を運転してはいけません。「義務だから…」ではなく、後部座席シートベルトの重要性をよく理解し、自分や他人の身を守るために全席のシートベルト着用を徹底しましょう。

 

チャイルドシートを使用しないで交通事故に遭うと…

適正な使用者と比較して
  • 約4倍の致死率
  • 約3倍の死亡重傷率
などの危険性を警察庁が報告しています。
チャイルドシートは、交通事故での被害を軽減する高い効果があります。
しかし、チャイルドシートは、安全な製品を正しく取り付けてこそ効果があります。
車のシートベルトや座席との相性、子どもの体型にあった安全な製品を正しく選び、正しく使用しましょう。

お問い合わせ先

総務部総務課自治振興係
電話 0142-23-3331(内線462・464)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー