ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

インフルエンザ警報発令中

発令期間 平成29年12月27日午後3時から

管内でインフルエンザの本格的な流行を確認したため、室蘭保健所は平成29年12月27日、インフルエンザ注意報を警報に引き上げました。
インフルエンザにかからないよう、次のことに心がけましょう。
※平成29年12月12日からインフルエンザ注意報が発令されていましたが、警報に引き上げられました 
インフルエンザにかからないために注意すること
1 手洗い・うがいをする
外出後は「手洗い」と「うがい」で、体に付着したウイルスを洗い流しましょう。
また、「うがい」は、鼻とのどへうるおいを与え、ウイルスが体に侵入しづらくなります。
2 マスクを着ける マスクは、ウイルスに対する口・鼻の防御壁になり、鼻とのどへうるおいを与え、ウイルスが侵入しづらくなります。
3 部屋の湿度を調整する
空気が乾燥すると鼻やのどがカサカサに乾燥し、ウイルスが侵入しやすい状況になります。
加湿器などで湿度を50%から60%程度に保ち、ウイルスが体に侵入しにくいようにしましょう。
4
せきをしている人や
人混みに近づかない
ウイルスが飛んでくるかもしれないため、せきをしている人から2メートル程度離れましょう。
できるだけ人混みには近づかないようにし、人混みの中に入るときはマスクをしましょう。
5 休養と栄養をとる
疲れて体力が落ちると、病気に対する体の抵抗力が落ちます。
休養と栄養を十分にとり、体力をつけ、インフルエンザに対する抵抗力を高めましょう。
 

インフルエンザの一般的な症状

インフルエンザは、毎年1月から2月にかけて本格的に流行し、のどの痛み、鼻水、くしゃみや咳などのかぜに似た症状のほかに、突然の38度以上の発熱や頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が現れます。気管支炎や肺炎、子どもでは中耳炎や熱性けいれん、脳症などを併発し重症化することもあるため、高齢者や幼児は特に注意が必要です。
インフルエンザの可能性がある方は、できるだけ早く医療機関に行き受診してください。

市内の医療機関については、こちらをご覧ください。

お問い合わせ先

健康福祉部健康推進課予防係
電話 0142-23-3331 (内線632・633)

メールメールでのお問い合わせはこちら

医療・保健・健康

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー