ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

犬の飼い方

犬の畜犬登録

犬を飼うとき、飼い主は、犬を飼った日(生後90日以内の犬は90日が経過した日)から30日以内に、市役所で犬の畜犬登録申請をしなければなりません。
畜犬登録は市役所か大滝総合支所で「畜犬登録申請書」を提出し、即日交付される「鑑札」を犬に付けます。
鑑札を紛失したときは、市役所で再交付手続き(手数料1,600円)をしてください。

畜犬登録手続きに必要なもの

鑑札の再交付手続きに必要なもの

狂犬病予防接種

犬の飼い主は、生後91日以上の飼い犬に「狂犬病予防注射」を受けさせ、その時に交付される「注射済票」をその犬に着けておかなければなりません。
伊達市では、毎年5月に市内各地区で狂犬病予防の集合接種を実施しています。
既に畜犬登録されている飼い主の方には、集合接種の開催日程を事前に文書でご案内します。
また、集合接種会場で注射を受けさせることができないときは、お近くの動物病院で注射を受けてください。
市外の動物病院で注射を受けたときは、その動物病院から発行される「注射済証」を市役所か大滝総合支所へ提出し、「注射済票」の交付を受けてください。

狂犬病予防接種にかかる料金(伊達市の場合)

消費税増税に伴い、平成26年4月1日(火曜日)から狂犬病予防注射料金を改定します。
  • 狂犬病予防接種料金:3,110円(注射料2,560円・注射済票交付手数料550円)※注射料が70円プラス
  • 注射済票再交付手数料:340円 (変更なし)

注射が受けられない場合

飼い犬が疾病などで予防接種できないと獣医師が判断したときは、予防接種が猶予されます。
獣医師から猶予期間が記載された「狂犬病予防接種猶予証明書」の交付を受け、市役所へ提出してください。
 

飼い犬が死んだら

飼い犬が死んだら、市役所か大滝総合支所へ「畜犬死亡届」を提出してください。(電話受付可)
市役所では動物の死体を引き取っていませんので、飼い主の責任で埋葬してください。
畜犬死亡届(PDF:95KB)

畜犬登録の内容に変更があったら

市内での転居や市内への転入、飼い主が変わったときは、「畜犬登録事項変更届」の提出が必要です。
現在の鑑札を持参し、市役所か大滝総合支所で手続きしてください。(手数料はかかりません)
市外へ転出したときは、転出先の市町村でこの手続きしてください(伊達市での手続きはありません)
畜犬登録事項変更届(PDF:94KB)

飼い犬がいなくなったら

飼い犬がいなくなったときは、なるべく早く市役所か大滝総合支所へ電話連絡してください。
伊達警察署や室蘭保健所で飼い犬を保護している場合がありますので、同じように電話連絡してください。
連絡先:伊達警察署(電話:0142-22-0110)・室蘭保健所(電話:0143-24-9848)

飼い犬を手放すことになったら

やむを得ない理由で飼い犬を手放すときは、室蘭保健所にご相談ください。

問い合わせ先

室蘭保健所(胆振総合振興局保健環境部保健行政室)
(所在地:北海道室蘭市海岸町1丁目4番1号 むろらん広域センタービル内・電話:0143-24-9848)

お問い合わせ先

経済環境部環境衛生課環境衛生係
電話 0142-23-3331(内線542・545・548)

メールメールでのお問い合わせはこちら

暮らし

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー