ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ふるさと納税で北海道伊達市を応援してください

北海道伊達市の風景写真

「ふるさと納税」とは、ふるさと(出身地に限らずあなたが応援したい都道府県か市町村)に贈る寄付金のことです。
「ふるさとを大切にしたい」、「ふるさとの発展に貢献したい」という気持ちをかたちにするもので、その寄付金の一部が、今お住まいの自治体から課税されるいわゆる「住民税」などから控除されます。
皆さんのお気持ちを寄付というかたちにし、伊達市のまちづくりに活かしていきます。
 

寄付金の活用

伊達市ではこれまで、皆さんからの寄付金を「だて食の物語基金」に積み立て、「食」を通じたまちおこし「伊達ウェルシーフード構想」の展開に活用していました。
平成29年度からは、健康や子育てのサポートを中心とした「健康・子育て事業」に活用していきます。
ふるさと「伊達市」のさらなる発展のため、皆さんの温かいご支援をお願いします。

伊達ウェルシーフード構想の詳しい内容はこちらをご覧ください。

寄付の状況

伊達市では、「だて食の物語基金」にどれくらいの寄付をいただいたかをお知らせしています。
また、これまでに寄付をいただいた皆さん(お名前・ご住所の掲載をあらかじめご了解いただいた方のみ)を紹介します。
産業振興基金(旧だて食の物語基金分)寄付状況(平成29年3月31日現在)(PDF:36KB)

寄付金を活用している事業の詳しい内容はこちらをご覧ください。

お礼の品(返礼品)

1万円以上の寄付をしていただいた市外にお住まいの方には、伊達市の特産品などをお送りします。
返礼品の種類などは、こちらをご覧ください。
関連リンクふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」(外部リンク)
 

申込方法

 インターネットを使うとき

ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」で、必要事項を入力しお申し込みください。「ふるさとチョイス」は、返礼品の選定や寄付の納入まで一括して申し込むことができ、クレジットカード払いを希望される方に大変便利です。
「ふるさとチョイス」の詳しい内容は、こちらをご覧ください。
関連リンクふるさとチョイス(外部リンク)
 

市に直接申し込むとき

1 寄付の申し込み 「寄付申出書」に必要事項を記入し、郵便・FAX・電子メール・持参のどれかの方法でお申し込みください。
電子メールで申し込む場合は、下記の「お問い合わせ先」から電子メールでお問い合わせください。
現金を市に持参する方法を希望する方は、事前に担当にご連絡ください。 担当:伊達市企画課企画調整係
〒052-0024 北海道伊達市鹿島町20番地1
(電話:0142-23-3331・FAX:0142-23-4414)
2 寄付金申込用紙の送付 市が寄付申出書を受領後に、振込用紙を郵送します。お近くの郵便局で納入してください。
道内にお住まいの方のみ伊達市が指定する金融機関で納入することができます。
※手数料はかかりません
3 寄付金受領証明書の送付 市が入金を確認した後、市から寄付金受領証明書を送付します。
受領書は寄付金控除を受ける際に必要ですので、大切に保管し紛失しないようにご注意ください。
また、1万円以上の寄付をしていただいた市外のお住まいの方には返礼品をお届けします。
 

寄付金の控除

伊達市への寄付金のうち、平成29年1月1日から12月31日までに支払われた寄付金で2,000円を超えたものは、一定限度額まで税制上の寄付金控除として、平成30年度分の住民税と平成29年分の所得税からそれぞれ控除されます。
住民税と所得税の寄附金控除を受ける場合は、所得税の確定申告が必要です。
関連リンク国税庁ホームページ(外部リンク)
 
1
寄付金控除の手続き
寄付金控除を受けるための手続きには、確定申告をするか、寄付金の控除申請を伊達市が本人に代わって行う「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用するか、どちらかの方法があります。
 

確定申告をする方法

  • 手書きで作成した確定申告書を税務署に提出する。
  • e-TAXで確定申告書データを電子送信する。
e-TAXの詳しい内容は、こちらをご覧ください。
関連リンクe-TAX(外部リンク)
  • 国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」で作成した確定申告書を印刷し税務署に提出する。
「確定申告書等作成コーナー」 を利用するときの詳しい内容は、こちらをご参考ください。
関連リンク地方税電子化協議会ホームページ(外部リンク)
 

ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用する方法

「申告特例申請書」に必要事項を記入し、郵便か持参のどちらかの方法で、平成29年12月31日までに市担当まで提出してください。
なお、マイナンバー制度の導入により、平成28年1月1日から個人番号(マイナンバー)の記載が必須になったため、「申告特例申請書」とともに「番号確認」と「本人確認」ができる書類またはカードのコピーを提出してください。
  • 番号確認ができるもの:通知カードのコピー
  • 本人確認ができるもの:運転免許証、運転経歴証明書、旅券、身体障害者手帳など
  転居などで「申告特例申請書」に変更があった場合は、下記の「申出書」に必要事項を記入し、平成30年1月10日までにご提出ください。 「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の詳しい内容は、こちらをご覧ください。
2
所得税・住民税の控除
所得税:寄付をした年分の所得税から控除(軽減)
住民税:寄付をした年の翌年度分の住民税から控除(軽減)
詳しい内容は、ふるさと寄付金の税額の控除額(軽減額)例をご覧ください。

指定代理納付者の指定

地方自治法(昭和22年法律第67号)第231条の2第6項に規定する指定代理納付者の指定について、下記の者を指定代理納付者に指定しました。
 

指定代理者名と所在地

名称:株式会社札幌北洋カード

所在地:札幌市中央区大通西3丁目11番地

指定代理納付者に納付させる歳入

伊達市ふるさと納税寄付金

(インターネットによる公金支払の方法により代理納付されるものに限る)

指定の期日

平成29年7月3日(月曜日)

指定代理納付者により歳入の代理納付を開始させる期日

平成29年7月3日(月曜日)

お問い合わせ先

企画財政部企画課企画調整係
電話 0142-23-3331 (内線212・213・214・218)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー