ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

プレジャーボートの漁港使用

漁港は、本来漁業活動の拠点として漁船を収容する目的で整備されますが、一部の漁港では、漁業活動に支障がない範囲で、遊漁船やモーターボートなどのプレジャーボートの利用が可能です。
伊達市では、漁港管理者の北海道から委託を受けて、平成13年から伊達漁港と黄金漁港の一部区域をプレジャーボート利用者向けに開放しています。
どちらの漁港も使用するときには、市に申請書類を提出し許可を受けなければなりません。

黄金漁港・伊達漁港の使用許可申請

利用可能施設
黄金漁港
  • 係留施設(船が港湾に停泊するための場所):40隻分
  • 斜路(斜面を使って船を陸上に揚げ降ろしする場所)
伊達漁港
  • 斜路(斜面を使って船を陸上に揚げ降ろしする場所)
利用可能船舶
  • モーターボート
  • 遊漁船
  • 観光船
  • 工事用作業船
※水上オートバイ、手こぎボート、ゴムボート、カヌーは使用できません
必要書類
  • 指定(指示)施設使用許可申請書(PDF:76KB)
  • 船舶検査証書(写し)
  • 小型船舶操縦免許証(写し)
  • 船全体を撮影した写真(写真は船体に貼ってある登録番号が見えるように撮影してください)
  • 土地駐車場使用承諾書(伊達漁港の斜路を利用される方のみ)
申請期間
利用開始日の1ヵ月前から申請可
優先順位
(係留施設のみ)
係留施設は、継続利用する方が優先ですので、新規で利用希望の方は空きがなければ利用できません。
現在の状況を確認したい方は担当へお問い合わせください。
利用料金
(斜路・係留施設の利用料はどちらも同じ)
  • 1日:船長1メートルあたり108円×船長
  • 1ヵ月未満:船長1メートルあたり800円×船長
  • 1ヵ月以上3ヵ月未満:船長1メートルあたり2,000円×船長
  • 3ヵ月以上6ヵ月未満:船長1メートルあたり3,400円×船長
  • 6ヵ月以上9ヵ月未満:船長1メートルあたり4,800円×船長
  • 9ヵ月以上1年まで:船長1メートルあたり5,300円×船長
※船長は小数点以下切り上げ(例:船長1.1メートルのときは2メートルで計算)
注意事項
黄金漁港の係留施設でアンカー(いかり)を設置するときは、使用者個人が行ってください。
既に設置されているアンカー(いかり)の利用を希望する方は、前使用者との話し合いが必要です。
詳しい内容は、伊達市が管理を委託しているNPO法人伊達マリンクラブ事務局(電話:0142-25-5420)にお問い合わせください。
 

伊達漁港フィッシャリーナの使用許可申請

利用可能施設
係留施設(船が港湾に停泊するための場所):32隻
陸上保管施設(船とけん引車両を一時的に保管する場所):28区画
利用可能船舶
  • モーターボート
  • 遊漁船
  • 観光船
  • 工事用作業船
※水上オートバイ、手こぎボート、ゴムボート、カヌーは使用できません
申請期間
伊達漁港フィッシャリーナの利用は年間利用が基本ですので、毎年2月1日から2月28日までの間に申請してください。
数ヵ月単位の利用を希望する方は担当へお問い合わせください。
選考基準
陸上保管、係留につきましては、随時受付しております。
定数を超える応募があった場合は、選考基準に基づいて選考を行い、利用者を決定しています。
 
選考基準
  • 伊達市内に住所がある方
  • 損害賠償保険に加入している方
  • 遊漁船業者
  • 伊達市内の漁港で使用許可を受けている方
  • 伊達市内のプレジャーボート団体に加入している方
※申請者が定数を超え、同じ条件で基準を満たしている場合は抽選で決定
利用料金(年間)
  • 係留施設:船長1メートルあたり10,800円×船長
  • 陸上保管施設:船長1メートルあたり4,800円×船長
※船長は小数点以下切り上げ(例:船長1.1メートルのときは2メートルで計算)

お問い合わせ先

経済環境部水産林務課水産林務係
電話 0142-23-3331 (内線535)

メールメールでのお問い合わせはこちら

暮らし

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー