ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

シルバーハウジング住宅(高齢者専用住宅)

シルバーハウジング住宅とは、高齢者のひとり暮らしや夫婦世帯などが安心して快適な生活ができるようなバリアフリー設計で、万一のときに生活援助員(LSA・ライフサポートアドバイザーの略)が駆けつける「高齢者専用市営住宅」のことです。
シルバーハウジング住宅と一般の市営住宅との主な違いは、緊急通報装置が居室内の各所に付いていることや生活援助員(LSA)の各種サービスが受けられることなどです。
伊達市から委託された伊達市社会福祉協議会が市営住宅駅前団地1号棟・2号棟に、社会福祉法人大滝福祉会が市営住宅ほのぼの団地に生活援助員(LSA)を派遣し、入居者の生活相談や緊急通報対応のほか、地域住民との交流会を主催するなどのサービスを行います。

生活援助員(LSA)のサービス

 生活援助員(LSA)は、次のようなサービスを行います。金銭管理や買い物代行などのサービスは行いません。
 
生活援助員(LSA)のサービスの種類と内容
生活相談
高齢者の心配ごと相談や健康相談をはじめ、生活全般にわたる相談を受けます。
安否の確認
1日1回、電話や直接訪問で声かけをします。
緊急時の対応
緊急のとき、部屋に備え付けの緊急通報ボタンを押せば、昼間は生活援助員(LSA)が対応し、休日・夜間などは伊達消防署が対応します。
関係機関への連絡
必要に応じて関係機関に連絡をとります。
生活関連情報の提供
行政サービスや地域活動などの情報をお知らせします。
交流事業の開催
一般向け市営住宅の入居者や地域住民との交流の場を定期的に企画します。

 
交流会の様子の写真 
 
交流会の様子

シルバーハウジング住宅の主な設備

生活援助員(LSA)執務室の写真生活援助員(LSA)執務室

生活援助員(LSA)が勤務する部屋です。
入居者からの緊急通報は、この執務室で受けます。
 
相談室の写真相談室

生活相談や健康相談を受ける部屋です。
ご要望があれば生活援助員(LSA)が入居者のお部屋に伺います。


団らん室の写真団らん室(駅前団地1号棟のみ)

入居者と一般向け市営住宅の入居者や地域住民との交流の場として、またイベントを開催するときなどに利用される部屋です。

 

 

生活援助員(LSA)派遣料金

シルバーハウジング住宅は、一般の市営住宅と同じく住宅使用料がかかるほか、生活援助員(LSA)の派遣料金が必要で、入居者の方の所得状況で負担額が決まります。
 
対象世帯の階層区分別生活援助員(LSA)派遣料金
対象者世帯の階層区分
派遣料金
(1ヵ月)
A
生活保護法による被保護世帯
無料
B
生計中心者のその年度分の市町村民税が非課税の世帯
無料
C
生計中心者のその年度分の市町村民税が均等割のみか所得割の額が16,000円以下の世帯
1,500円
D
生計中心者のその年度分の市町村民税所得割の額が16,001円以上43,300円以下の世帯
2,600円
E
生計中心者のその年度分の市町村民税所得割の額が43,301円以上54,900円以下の世帯
3,800円
F
生計中心者のその年度分の市町村民税所得割の額が54,901円以上の世帯
4,900円

 

市内のシルバーハウジング住宅

市営住宅駅前団地1号棟の外観写真市営住宅駅前団地1号棟(18戸程度)

所在地:北海道伊達市山下町17番地1
電話:0142-23-2666(LSA執務室)


市営住宅駅前団地2号棟の外観写真市営住宅駅前団地2号棟(16戸程度)

所在地:北海道伊達市山下町358番地
 


市営住宅ほのぼの団地の外観写真市営住宅ほのぼの団地(19戸)

所在地:北海道伊達市大滝区優徳町83番地4
電話:0142-68-5042(LSA執務室)

シルバーハウジング住宅への入居方法など、詳しい内容はこちらをご覧ください。
関連リンク市営住宅・道営住宅(内部リンク)

お問い合わせ先

健康福祉部高齢福祉課高齢者福祉係
電話 0142-23-3331 (内線302・303・309)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー