ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

第3子以降児童保育料助成制度

伊達市では、義務教育終了前のお子さんを3人以上養育している方の経済的負担を軽減するため、保育所や幼稚園に入所している第3子以降のお子さんの保育料を助成しています。
 

お子さんが保育所に入所している場合

お子さんが保育所に入所している場合の助成内容
助成対象者
  • 15歳未満(義務教育終了前)のお子さんを3人以上養育している保護者(保育料納入義務者)
  • 保育所に入所しているお子さんとその保護者が伊達市に住民登録していること
  • 市税や保育料の滞納がないこと
※この制度にあてはまる方には、保育所への入所決定を通知するときに合わせて文書でお知らせします
助成内容
第3子以降のお子さんの保育料階層が下記にあてはまる方は全額、下記にあてはまらない方は半額の保育料が減免されます。
  • 常設保育所の保育料階層がB階層からD7階層まで
  • 大滝保育所の保育料階層が2階層から8階層までと、基準外入所のア階層かイ階層
申請方法
保育料の助成を受けたい年度の3月15日までに、次の必要書類を担当窓口に提出してください。(助成が決定した場合、既に納付済みの保育料があるときは精算し、半額減免の方には減額後の納付書を発行します)
  • 第3子以降児童保育料減免申請書
  • 市税完納証明書
市税完納証明書の詳しい内容はこちらをご覧ください。
減免の決定
市が申請内容を審査し、保育料の全額減免(免除)か半額減免を決定したときは、その結果を文書でお知らせします。

お子さんが幼稚園に入所している場合

お子さんが幼稚園に入所している場合の助成内容
助成対象者
  • 15歳未満(義務教育終了前)のお子さんを3人以上養育している保護者(保育料納入義務者)
  • 幼稚園に入所しているお子さんとその保護者が伊達市に住民登録していること
  • 市税や保育料の滞納がないこと
※この制度にあてはまる方には、その年度の2月上旬に入園している幼稚園を通じて文書でお知らせします
助成内容
幼稚園就園奨励費補助金を受け取った方に、保育料から幼稚園就園奨励費補助金の額を差し引いた額を助成します。(限度額月額8,500円)

幼稚園就園奨励費補助金の詳しい内容はこちらをご覧ください。
申請方法
保育料の助成を受けたい年度の3月15日までに、次の必要書類を担当窓口に提出してください。
  • 第3子以降児童保育料助成金交付申請書
  • 幼稚園保育料等減免措置および保育料納入証明書
  • 市税完納証明書
市税完納証明書の詳しい内容はこちらをご覧ください。
助成金の交付決定
市が申請内容を審査し、助成金の交付が決定したときはその結果を文書でお知らせしますので、「第3子以降児童保育料助成金交付請求書」を提出してください。
後日、申請者指定の金融機関口座に助成金を振り込みます。

お問い合わせ先

健康福祉部子育て支援課保育係
電話 0142-23-3331 (内線318・324・328)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー