ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

もしもの緊急時に備えて

救急医療情報キット(安心キット)配付事業

伊達市では、ひとり暮らし高齢者の方などに、かかりつけの医療機関や持病などの救急時に必要な情報を記入し保管する「救急医療情報キット(通称:安心キット)」を配付しています。
どこの家庭にも必ずある「冷蔵庫」にこの安心キットを保管しておくことで、万一の時に救急隊員がその情報を活用し、迅速で適切な救命活動を行うことができます。

救急医療情報キットの写真
救急医療情報キット

対象者

  • 65歳以上のひとり暮らしの方や健康上不安を抱えている高齢者世帯
  • 障がいがあるひとり暮らしの方

安心キットの内容

  • 救急情報用紙(かかりつけ医療機関や服薬内容を記入)
  • 保管容器
  • 玄関ドアの内側や冷蔵庫に貼るステッカー

利用料

  • 無料
 

申請から救急医療情報キット(安心キット)保管までの流れ

申請方法
1 申請手続き 次の書類に必要事項を記入し、市の担当窓口に提出してください。
2 安心キット・ステッカー
受け取り
申請内容に問題がなければ、その場でお渡しします。
救急情報用紙、保管容器、ステッカーがすべて揃っているか確認してください。
3
安心キットを
自宅の冷蔵庫へ
ご自宅に戻られたら、まず救急情報用紙を記入してください。
かかりつけの医療機関、服薬内容、緊急時のご家族の連絡先などを記入します。
書き終えたら救急情報用紙を保管容器に入れ、ふたを閉めた状態で冷蔵庫に保管してください。
冷蔵庫の中でも緊急時に救急隊員が見つけやすい場所に保管してください。
4
ステッカーを貼る
ステッカーを玄関ドアの内側と冷蔵庫に貼り付けます。
これでいざというときの準備が終わりました。
5
救急情報を更新しましょう
救急情報用紙に記入した内容が変わったとき(服薬内容が変わった、緊急時の連絡先が変わった場合など)は、その部分を書き直しておきましょう。
※救急情報用紙は下記からダウンロードできるほか、市の担当窓口でも配付しています
救急情報用紙(PDF:120KB)
 

救急医療情報キット(安心キット)利用上の注意点

救急情報用紙には、次の注意事項を記載しています。
安心キットの利用を希望される方は、記載内容を十分ご理解いただいた上で申請してください。
  • 救急活動によっては、救急隊が不必要と判断したときまたは搬送に急を要する時は、キットを活用しない場合があること。
  • 所定の位置にステッカーが貼られていなかったり、所定の場所にキットを保管していなかったときはキットを活用されない場合があること。
  • 玄関ドアの内側にステッカーが貼られている場合は、本人などの同意を得ることなく、冷蔵庫を開けてキットを取り出す場合があること。
  • かかりつけ医療機関があっても、他の病院に救急搬送される場合があること。
  • 救急情報カードに救急隊員への伝言を記載されていても、必ずしも実行されるとは限らないこと。
  • キットは善良に管理するとともに、譲渡したり貸し付けたりしないこと。
  • キットの情報は個人の責任のもと更新すること。
 

緊急通報サービス事業

伊達市では、日常生活の動作に支障があるひとり暮らし高齢者などの不安を解消するため、また、病気や災害などの緊急時に対応するために「緊急通報サービス事業」を行っています。
「緊急通報サービス」とは、急病や火災などの緊急時に利用者が緊急通報端末装置の緊急ボタンを押すことで、専門のサービス会社のオペレーターにつながり、音声で対応したり、必要に応じて「協力員」への連絡や救急車の要請などを行うものです。
このサービスを受けるには、利用者本人が近所の親戚や友人・知人にもしもの時の協力を依頼した「協力員」3人の登録が必要です。
 

対象者

健康状態や日常生活の動作が不安なおおむね65歳以上のひとり暮らしの方などで、緊急時の通報手段の確保が難しい方やひとり暮らしの重度心身障がい者の方など。(市民税非課税世帯の方に限る)
 

利用料

月額700円(生活保護受給者は利用料免除)
※このサービスは伊達市が実施する事業で、実際にかかる費用の約5分の1で利用でき、工事費などは一切かかりません

利用料の支払いは便利で安心な口座振替がご利用できます。
口座振替の詳しい内容は、こちらをご覧ください。
 

ご利用にあたって

まずは担当に電話でご連絡ください。必要に応じて担当者がご自宅に説明にうかがいます。
 

機器の内容

緊急通報端末装置・ペンダント型端末装置の写真
緊急通報端末装置・ペンダント型端末装置
 
緊急通報端末装置は、電話回線が接続できて、手が届きやすい場所に置くかまたは壁に掛けます。
ペンダント型端末装置は「緊急通報端末装置」とセットでお貸しします。首からぶらさげたり、枕元などに置くことができます。
  • 緊急通報端末装置・ペンダント型端末装置の赤い部分はどちらも「緊急ボタン」
  • 緊急通報端末装置の緑色の部分は「相談ボタン」:健康状態などが心配なとき、このボタンを押すと専門の相談員が24時間対応
  • 定期的な安否確認: サービス会社から月1回の安否確認(電話連絡)

お問い合わせ先

健康福祉部高齢福祉課高齢者福祉係
電話 0142-23-3331 (内線302・303・309)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー