ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

火入れの許可

火入れとは、農地、原野、田畑などの枯れ草、立木、雑草、堆積物などを焼く野焼きや、田畑のあぜを焼くあぜ焼きのことをいいます。
屋外でごみなどを燃やすことは法律で禁止されています。
しかし、農林水産業を営むためにやむを得ない場合、対象により事前に市に申請をするか、消防署に連絡をし火入れをすることができます。
 

申請先

火入れの申請方法
伊達市
消防署(廃棄物の焼却)
対象
  • 造林の地ごしらえ、開墾準備
  • 害虫駆除、焼畑
  • 採草地改良
※面的な火入れや、山林から近い距離での火入れ
 
  • 農林水産業を営むためにやむを得ない廃棄物(豆穀、稲わら、枯れ茎などの焼却)
※稲わらや枯れ茎などを畑に集めて火入れする場合や、あぜ焼きなどの線的な火入れ
 
許可条件
  • 期間(1件あたり7日間以内)
  • 面積(1件あたり2ヘクタール以内)
  • 従事者(0.5ヘクタールまで10人以上)
※0.5ヘクタールを超えるときは、超える部分の面積0.1ヘクタールあたり1人を加えた人数以上
  • 強風、乾燥などの警報・注意報が発令されていないか
※天候によっては、警報・注意報がない時でも申請を受け付けできないときがあります
申請方法 火入れ(野焼き)を行う7日前までに、市の担当窓口へ必要書類を提出してください。
廃棄物の焼却を行う当日に、伊達消防署へ電話で申請してください。
申請者の名前、住所、廃棄物の種類、焼却を行う場所を伊達消防署が確認し判断します。
連絡先:西胆振行政事務組合伊達消防署(電話:0142-23-2119)
申請に必要なもの
  • 火入れ許可申請書 (PDF:48KB)
  • 火入れ(野焼き)を行う土地、周囲の状況、防火の設備位置を示す見取り図(ないときは担当に相談)
  • 他人の土地で火入れを行うときは、その所有者か管理者の承諾書
  • 請負(委託)契約に基づいて火入れを行うときは、その契約書の写し
消防署へ連絡したときに、消防署担当者の指示に従ってください。

お問い合わせ先

経済環境部水産林務課水産林務係
電話 0142-23-3331 (内線535)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー