ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

騒音・振動測定結果

騒音

騒音は、「騒音規制法」のほか、「環境基本法」で人の健康を保護し生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準「環境基準」が定められています。
伊達市では、この環境基準の達成状況を把握するため、年1回騒音調査を実施し、どの測定値も基準値を下回っています。

騒音に関する規制基準

騒音に関する環境基準

騒音の環境基準には、「一般地域」と「道路に面する地域」の環境基準があります。
騒音は年間を通じて平均的な状況の日に測定したデータを、時間区分ごとの全時間を通じた等価騒音レベル(単位:デシベルdb)で評価します。
※等価騒音レベル:特定の時間で変動する騒音レベルをエネルギー的な平均値として表したもの
 (単位:デシベル)
騒音の環境基準一覧
地域の類型
該当地域
地域区分
環境基準
昼間
環境基準
夜間
A
第1種低層住居専用地域
第2種低層住居専用地域
第1種中高層住居専用地域
第2種中高層住居専用地域
一般地域
55以下
45以下
道路に面する地域
(2車線以上)
60以下 55以下
B
第1種住居地域
第2種住居地域
準住居地域
一般地域
55以下 45以下
道路に面する地域
(2車線以上)
65以下 60以下
C
近隣商業地域
商業地域
準工業地域
工業地域
一般地域
60以下 50以下
道路に面する地域
(2車線以上)
65以下 60以下
注)
  • A:もっぱら住居の用に供される地域
  • B:主として住居の用に供される地域
  • C:相当数の住居と併せて商業、工業などの用に供される地域
  • 昼間:午前6時から午後10時まで
  • 夜間:午後10時から翌日午前6時まで

自動車騒音の要請限度

伊達市では、騒音規制法に基づく指定地域を定め、自動車騒音が一定の限度(これを「要請限度」という)を超え、道路周辺の生活環境が著しく損なわれることがないように基準を設けています。
(単位:デシベル)
自動車騒音の要請限度一覧
規制地域区分
用途地域区分
区分地域
区域の区分
要請限度
昼間
要請限度
夜間
第1種区分
第1種低層住宅専用地域
a
道路に面する地域
(2車線以上)
65 55
第2種低層住宅専用地域
a
道路に面する地域
(2車線以上)
65 55
第2種区分
第1種中高層住宅専用地域
a
道路に面する地域
(1車線)
70 65
第2種中高層住宅専用地域
a
道路に面する地域
(1車線)
70 65
第1種住居地域
b
道路に面する地域
(1車線)
70 65
第2種住居専用地域
b
道路に面する地域
(2車線以上)
75 70
準住居地域
b
道路に面する地域
(2車線以上)
75 70
第3種区分
近隣商業地域
c
車線を有する道路に
面する地域
75 70
商業地域
c
車線を有する道路に
面する地域
75 70
準工場地域
c
車線を有する道路に
面する地域
75 70

騒音測定結果(平成28年度)

環境基準に基づく測定結果

(単位:デシベル)
環境基準に基づく測定結果一覧(平成28年度)
場所 地域の区分
用途地域
地域の区分
地域の類型
環境基準
時間帯
環境基準
基準値
測定値
北海道伊達市末永町49番地6付近
(北海道糖業株式会社社宅)
第1種中高層
住居専用地域
A
昼間 55 49
夜間
45 40
北海道伊達市長和町459番地1付近
(市営長和団地)
第1種中高層
住居専用地域
A
昼間 55 46
夜間
45 39
北海道伊達市末永町33番地5付近
(札幌トヨペット伊達営業所)
近隣商業地域
C
昼間 70 66
夜間
65 61
北海道伊達市末永町33番地5背後地
(札幌トヨペット伊達営業所)
近隣商業地域
C
昼間 70 53
夜間
65 47
北海道伊達市長和町420番地1付近
(伊達警察署長和駐在所)
準工業地域
C
昼間 70 68
夜間
65 64
北海道伊達市長和町420番地1背後地
(伊達警察署長和駐在所)
準工業地域
C
昼間 70 55
夜間
65 49

騒音規制法に基づく測定結果

(単位:デシベル)
騒音規制法に基づく測定結果一覧(平成28年度)
場所 地域の区分
用途地域
地域の区分
地域の類型
自動車騒音限度
時間帯
自動車騒音限度
基準値
測定値
北海道伊達市末永町33番地5付近
(札幌トヨペット伊達営業所)
近隣商業地域
C
昼間 75 67
夜間 70 61
北海道伊達市長和町420番地1付近
(伊達警察署長和駐在所)
準工業地域
C
昼間 75 67
夜間 70 64

振動

振動は、騒音の場合と異なり、環境基本法の「環境基準」には定められていませんが、「振動規制法」で規制されています。
伊達市では、道路交通振動の規制基準の達成状況を把握するため年1回振動調査を実施し、いずれの測定値も基準値を下回っています。

振動に関する規制基準

振動に関する規制基準は、「特定工場等で発生する振動」、「特定建設作業に伴い発生する振動」、「道路交通振動」の3つに分類されます。
振動は、騒音と同様に年間を通じて平均的な状況の日に測定したデータを、時間区分ごとの全時間を通じた等価騒音レベル(単位:デシベルdb)で評価します。
(単位:デシベル)
振動の規制基準一覧
地域の類型
該当地域 規制区分 規制値
昼間
規制値
夜間
第1種区域
第1種低層住居専用地域
第2種低層住居専用地域
第1種中高層住居専用地域
第2種中高層住居専用地域
第1種住居地域
第2種住居地域
準住居地域
特定工場等で発生する振動  65以下 60以下
特定建設作業に伴い発生する振動  75以下  作業不可
道路交通振動  65以下  60以下
第2種区域
近隣商業地域
商業地域
準工業地域
工業地域
特定工場等で発生する振動  70以下  65以下
特定建設作業に伴い発生する振動  75以下  ※
道路交通振動  65以下  60以下
注)
  • 昼間:午前7時から午後7時まで
  • 夜間:午後7時から午前7時まで
※午後10時から午前6時まで作業不可

振動測定結果(平成28年度)

(単位:デシベル)
振動測定結果表(平成28年度)
場所 地域の区分
用途地域
地域の区分
地域の類型
道路交通振動限度
時間帯
道路交通振動限度
基準値
測定値
北海道伊達市末永町33番地5付近
(札幌トヨペット伊達営業所)
近隣商業地域 第2種区域 昼間  70  42
夜間  60  35
北海道伊達市長和町420番地1付近
(伊達警察署長和駐在所)
準工業地域 第2種区域 昼間  70  40
夜間  60  35

騒音・振動に関する規制

規制地域区分の詳しい内容は、こちらをご覧ください。
伊達市騒音振動規制地域区域区分図
地域の区分に関する詳しい内容はこちらをご覧ください。

過去の騒音振動測定結果

お問い合わせ先

経済環境部環境衛生課環境衛生係
電話 0142-23-3331(内線542・543・545・548)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー