ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

介護サービスの利用者負担が高額になったとき

高額介護サービス費の支給

介護サービスを利用し、世帯内で同じ月に利用者負担の合計額が次の負担上限額を超えたときに、申請をすると超えた分が「高額介護サービス費」として支給されます。
負担上限額は、利用者の方の所得で決められます。
また、同じ世帯に介護サービスを利用する方が複数いるときは合計額を合算することができます。
 
高額介護サービス費の支給額表
区分
世帯上限額
個人上限額
世帯住民税
非課税
生活保護受給者の方
15,000円
15,000円
老齢福祉年金受給者の方
課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方
24,600円
15,000円
上記以外の方
24,600円
24,600円
世帯住民税
課税
本人か世帯員が住民税を課税されている方
44,400円 44,400円
同一世帯の全ての65歳以上の方の利用者負担割合が1割の世帯の方(65歳以の方は、サービスを利用していない方を含む) なし 年間上限額
 446,400円
 (平成29年8月新設)
 ※同じ世帯に介護サービスを利用する方が複数いるときは、上限額が変更になる場合があります。また、施設での食費・居住費(滞在費)、日常生活費、福祉用具購入費、住宅改修費の自己負担分は含みません
 

手続きに必要なもの

高額医療・高額介護合算制度

介護保険の「高額介護サービス費制度」と健康保険の「高額療養費制度」を適用し、世帯内で1年間(8月から翌年7月)の利用者負担額が合算し上限額を超えたとき、超えた分が介護保険から「高額医療合算介護サービス費」として、健康保険から「高額介護合算療養費」として別々に支給されます。
支給対象の方には、北海道後期高齢者医療広域連合から文書で案内があります。

お問い合わせ先

健康福祉部高齢福祉課介護保険係
電話 0142-23-3331 (内線304・305・306・307・326)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー