ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

木質ペレット

木質ペレットとは

木質ペレット燃料の写真

木質ペレットとは、木の成長を促すため、混み合ってきた森林の一部を間引く「間伐」で発生する木材(間伐材)を粉砕し、粉状にしたものに圧力をかけて直径6ミリメートル、長さ約30ミリメートル程度の円筒形に圧縮成型した木質燃料です。
木質ペレットは、薪に比べて小型で軽く一定の硬さがあり、型くずれしにくいため、輸送や保管に優れています。
また、木質ペレットの二酸化炭素排出量は、石油の約5分の1、電気の約10分の1とされ、環境にやさしい燃料として注目を集めています。
 

伊達市木質ペレットプラント

木質ペレットプラントの外観写真

伊達市は、平成20年に大滝区に年間最大2,000トンの製造能力を持つ木質ペレットプラント製造施設を整備しました。
製造される木質ペレットは、主に市内の公共施設や一般家庭で利用されています。
 
木質ペレットの年間生産量・出荷量
区分 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
木質ペレット年間生産量 1,503トン 1,430トン 1,110トン 1,084トン
木質ペレット年間出荷量 1,522トン 1,324トン 1,173トン 1,092トン
内訳 公共施設 271トン 278トン 261トン 227トン
一般(事業所含む) 1,135トン 951トン 853トン 810トン
農業用 116トン 95トン 59トン 55トン
 

伊達市のこれまでの取り組み

木質ペレットに関する伊達市のこれまでの取り組み
平成16年度 旧大滝村が森林系バイオマスエネルギーを中心とした「大滝村地域新エネルギービジョン」策定
平成17年度 胆振西部森林組合が木質ペレット生産開始
平成18年度 伊達市と旧大滝村との合併を機に農業用ペレットボイラーの実証実験、公共施設へのペレットストーブの導入開始
平成19年度 木質ペレットプラント建設
平成20年度
伊達市木質ペレット施設条例制定
一般向け木質ペレットの販売開始
木質ペレットストーブ購入補助事業開始(平成27年度終了)
平成23年度 木質ペレットボイラー導入支援事業開始
 

公共施設へのペレットボイラー・ストーブ導入状況

木質ペレットボイラー(合計7台)

  • 伊達市役所本庁舎(2台)
  • 大滝総合支所(1台)
  • 総合体育館(3台)
  • くるみ保育所(1台)

木質ペレットストーブ(合計29台)

  • 大滝総合支所(1台)
  • 第2庁舎・保健センター(6台)
  • 木質ペレットプラント(2台)
  • 旭町児童館・地域交流館(7台)
  • やまびこ児童クラブ(6台)
  • 優徳地区コミュニティセンター(2台)
  • 長和地区コミュニティセンターふれあい館(2台)
  • 駅前公営住宅・集会室(3台)

お問い合わせ先

経済環境部水産林務課水産林務係
電話 0142-23-3331 (内線530・535)

メールメールでのお問い合わせはこちら

取り組み・行政運営

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー