ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

バチラー夫妻記念堂

バチラー夫妻記念堂の外観写真

バチラー記念堂は、昭和12年(1937年)、ジョン・バチラー夫妻の養女向井八重子(バチラー八重子)やその弟山雄、そして多くの信者らの協力で建てられた、丸い窓と白い十字架が目を引く石造りのモダンな教会堂です。
ジョン・バチラーは、聖公会宣教師として北海道を訪れましたが、キリスト教の布教だけではなく、アイヌ語研究にも情熱を注ぎ、良き理解者として信者に信頼を寄せる者が多く、バチラー八重子たちが建築資金として寄付金を募った際にも、多くの寄付が寄せられたと言われています。
平成12年に老朽化した記念堂の修復工事が行われ、記念堂2階にバチラー神父の遺品を展示するコーナーが設けられています。
 

施設概要

バチラー夫妻記念堂の概要
所在地
〒059-0157 北海道伊達市向有珠町119番地
電話
なし
FAX
なし
開館期間・時間
館内の一般公開はありません。
ただし、毎年4月から10月土曜日で礼拝がある日に管理者の許可があれば見学は可能です。
利用料金
AEDの設置 なし
海抜
駐車場
なし
詳細 詳しい内容は、札幌キリスト教会の大町牧師(電話:011-747-7339)にお問い合わせください。
 

位置図

お問い合わせ先

教育委員会生涯学習課文化財係
電話 0142-23-3331(内線513)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー