ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

スプレー缶やカセットボンベ、ライターの処分に注意

中身が残ったスプレー缶やカセットボンベ、ライターがごみに出され、ごみ収集車やごみ処理施設で火災が発生することがあります。
火災が発生するとごみ処理ができず、収集にも遅れが発生するなど、市民の皆さんの生活に大きな影響が出ます。
必ずルールを守って正しく処分しましょう。
 

スプレー缶・カセットボンベをごみに排出する場合

  1. 缶を振って中身が残っていないか確認してください。
  2. 中身は必ず使い切るか、すべて出し切ってください。スプレー缶の多くにはガス抜きキャップが付属していますので利用しましょう。
  3. 風通しが良く、火の気がないところで、缶に穴を開けてください。ホームセンターや100円ショップなどで市販されている穴開け器を利用すると便利です。
  4. 燃えないごみとして収集日に最寄りのごみステーションに出してください。
ガス抜きの詳しい方法は、一般社団法人日本エアゾール協会のホームページをご覧ください。

ライターをごみに排出する場合

  1. 使い捨てライターは操作レバーを押し下げ、輪ゴムやテープなどで固定し、1日程度放置します。
  2. ガス注入式ライターは注入口の先端をドライバーなどで押して、ガスを抜いてください。
  3. ライター用ガスボンベは先端を下に向け、地面に押しつけてガスを抜いてください。(必ず火の気のない場所で行ってください)
  4. 燃えないごみとして収集日に最寄りのごみステーションに出してください。
ガス抜きの詳しい方法は、一般社団法人日本喫煙具協会のホームページをご覧ください。

西いぶり広域連合からのお知らせ

伊達市を含む西胆振の5つの市町で構成し、ごみ処理施設を運営する西いぶり広域連合からもスプレー缶やカセットボンベ、ライターの処理に関する注意喚起の情報がホームページで公開されています。
詳しい内容は、西いぶり広域連合のホームページをご覧ください

お問い合わせ先

経済環境部環境衛生課環境衛生係
電話 0142-23-3331(内線542・545・548)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー