ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

子宮頸がん予防のワクチン接種

平成25年6月14日、厚生労働省から子宮頸がん予防のワクチン接種に関する通知があり、伊達市では、当市からの積極的な勧奨を一時差し控えることになりました。
厚生労働省の発表では、子宮頸がんワクチンを接種した後に、体の痛みなどの症状を訴える方が他のワクチンに比べ多く、ワクチンとその症状の因果関係を詳しく調査し、症状との関係と発生頻度などをより明らかにすることが必要で、今後適切な情報提供ができるようにするための対応です。
そのため、市から積極的な接種勧奨として対象者へお送りしていました案内はがきなどの送付を一時取り止めます。
この予防接種が中止になるわけではありませんが、対象者で接種を希望される方は、その有効性と接種による副作用(副反応)の危険性を十分に理解したうえで受けてください。

接種実施機関や対象になる方などの詳しい内容は、こちらをご覧ください。
また、厚生労働省から積極的な勧奨の一時差し控えや、子宮頸がんの原因になる「ヒトパピローマウイルス感染症」の定期接種に関する情報が公開されています。
詳しい内容は、厚生労働省のホームページをご覧ください。

子宮頸がん予防ワクチン等接種副作用被害救済制度の請求期限

平成25年3月31日までに市の助成を受けて、ヒトパピローマウイルスワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンのどれかを接種した方で、接種後に何らかの症状が生じ、医療機関を受診した方は、接種との関連性が認定されると、医療費・医療手当が支給されることがあります。
支給対象になるのは、請求した日からさかのぼって5年以内に受けた治療の費用などで、認定を受けるためには、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)に請求する必要があります。
具体的な請求方法など、子宮頸がん予防ワクチン等接種副作用被害救済制度の詳しい内容はこちらをご覧ください。

お問い合わせ先

健康福祉部健康推進課予防係
電話 0142-23-3331 (内線632・633)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー