ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

市・道民税(住民税)申告と所得税確定申告受付のお知らせ

伊達市では、市・道民税(住民税)の申告と所得税の確定申告を市民活動センターで受け付けています。
申告受付開始直後や午後1時、最終日などは受付窓口が大変混雑しますので、時間に余裕をもってお越しください。混雑状況によっては会場内で長時間お待ちいただくことや、受付終了時間前に締め切らせていただく場合があります。
申告受付場所の地図
※受付会場の市民活動センターに自動車でお越しの場合は、市役所の駐車場をご利用ください
※平成29年度から、税務署からの「確定申告書」の送付は行わず、代わりに「確定申告のお知らせ」はがきが送付しています。申告書がなくても手続きはできますので、必要書類を持って申告会場へお越しください
※税務署での申告についてはこちらをご覧ください
関連リンク所得税(確定申告書等作成コーナー)(国税庁ホームページ)(外部リンク)

市・道民税申告と所得税確定申告の受付内容

市・道民税申告と所得税確定申告の方法
伊達市 室蘭税務署
受付期間 市・道民税申告 平成31年1月16日(水曜日)から3月15日(金曜日)の平日 受け付けはありません。
確定申告
(還付申告)
平成31年1月16日(水曜日)から3月15日(金曜日)の平日 平成31年2月18日(月曜日)から3月15日(金曜日)の平日
※還付申告は2月18日(月曜日)以前でも受け付けています
 
確定申告
(納付申告)
平成31年2月18日(月曜日)から3月15日(金曜日)の平日
受付時間
  • 午前9時から午前11時30分(受付番号配付:午前8時45分から)
  • 午後1時から午後4時30分(受付番号配付:午後0時30分から)
※受付番号の配付時間前にお越しの場合は、ホールでお待ちください
※大滝総合支所での受付番号の配付は行いません
※受付時間まで申告書の作成は行いません
※会場の混雑状況により受付を早めに締め切ることがあります
午前9時から午後4時
※会場の混雑状況により受付を早めに締め切ることがあります
受付場所
  • 市民活動センター
  • 大滝総合支所地域振興課窓口
室蘭税務署
所在地:室蘭市入江町1番地13室蘭地方合同庁舎2階
電話:0143-22-4151
手続きに必要なもの
  • 収入がわかるもの
    • 給与・年金収入の方は、源泉徴収票の原本
    • 営業・不動産収入の方は、収支内訳書(ご自身で作成していただく必要があります)
    • その他の収入の方は、その金額を確認できる証明書など
  • マイナンバー(個人番号カード)か、通知カードと運転免許証などの本人確認書類
  • 印鑑(シャチハタは不可)
  • 健康保険・任意継続・国民年金・介護保険などの領収書や証明書
  • 生命保険料控除証明書
  • 地震保険料控除証明書
  • 障害者手帳など
  • 医療費控除の明細書かセルフメディケーション税制の明細書
  • 申告者名義の預貯金口座がわかるもの
※医療費控除の詳細は「医療費控除について」をご覧ください

申告手続きに必要なものを記載したチェックリストをご活用ください。
チェックリスト(PDF:635KB)
※申告をしようとしている所得や控除などによっては、別途書類が必要になる場合もありますので、事前に確認してから会場にお越しください

受付方法の変更について

これまで1つの受付番号で対応していた確定申告・医療費控除明細書作成の受付は、確定申告会場の混雑緩和のため、平成30年分確定申告からそれぞれ別に受付を行うことになりました。
医療費の明細書は申告受付窓口で作成すると、混雑の原因になりますので、事前に作成してからお越しください。医療費の明細書の様式は、市の担当窓口に備え置いてあるほか、国税庁ホームページで公開しています。医療費控除を申告される方で、事前に「医療費の明細書」を作成されている場合は、手続きが確定申告の受付からになります。
※受付後に会場から外出した場合や申告時に必要書類などの不足があった場合は、再度受付のうえ、お待ちいただく必要がありますのでご注意ください
受付方法変更前と変更後のフローチャート図

医療費控除について

医療費控除とは所得控除の1つで、医療費そのものを返金するものではありません。平成30年中に、自分か生計が同じ親族の医療費などの支払合計金額が10万円以上(所得が200万円未満の場合は所得金額の5%)のときは、超えた額を医療費控除で申告できます。(控除上限額200万円)
平成29年分申告から、下記のとおり従来の医療費控除とセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の選択ができるようになりました。

従来の医療費控除とセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の内容
従来の医療費控除

手続きに必要なもの

  • 医療費控除の明細書(領収書などを受診者別、病院・薬局ごとに集計したもの)
  • 各保険者が発行する医療費通知
    • 下記の内容がすべて記載されたものに限り、領収書のかわりにすることができます。
      • 保険者などの名称 
      • 被保険者などが支払った医療費の額
      • 療養を受けた病院などの名称
      • 療養を受けたもの
      • 療養を受けた年月
      • 被保険者などの氏名 
 セルフメディケーション税制(医療費控除の特例) 健康の保持増進と疾病予防として一定の取り組みを行っている方が1年間に、自分か生計が同じ親族のために購入した特定一般用医薬品などの購入額が1万2千円を超えた場合、超えた額(上限8万8千円)を所得控除として申告できる制度です。

特定一般用医薬品とは

医療薬からドラッグストアで購入できる市販薬に切り替わった医薬品のことで、対象になる医薬品には購入時に発行されるレシートにマーク(★や*など)が記載されるほか、一部医薬品のパッケージにはセルフメディケーション税制の対象である旨の印刷がされています。

手続きに必要なもの

  1. 予防接種の領収書か予防接種済証
  2. 市区町村のがん検診の領収書か結果通知表
  3. 職場で受けた定期健康診断の結果通知
  4. 特定健康診査の領収書か結果通知表
  5. 各種検診(人間ドックなど)の領収書か結果通知

※明細書を作成した際に使用した各領収書は5年間の保管義務があります。後日、市役所や税務署から提示提出を求められる場合がありますので、紛失のないように大切に保管してください(領収書を紛失した場合、その分の医療費控除がなかったものとして税額を再計算いたします)
※窓口で医療費控除の明細書作成のお手伝いを希望する場合は、医療費通知と各領収書などが必要になりますので、必ずご持参ください

市・道民税申告・所得税確定申告が必要な方

市・道民税申告・所得税確定申告が必要な方の説明
所得税確定申告

市役所・室蘭税務署どちらでも申告ができる方

  1. 主な収入が給与収入である方のうち
  • 事業所で年末調整をしていない方
  • 給与収入のほかに20万円を超える所得のある方
  • 2ヵ所以上の勤務先から給与収入がある方(退職・転職の場合も含みます)
  1. 主な収入が公的年金収入である方のうち
  • 公的年金収入が400万円を超える方
  • 公的年金収入のほかに20万円を超える所得がある方
  1. 不動産収入があるか事業を営んでいる方
  2. 確定申告で所得税が戻る方(住宅ローン控除を受ける方など)

室蘭税務署でのみ申告ができる方(市役所で申告ができない方)

  1. 事業などの青色申告をされるの方
  2. 土地・建物・株の譲渡による収入があった方
  3. 先物取引や所有する山林による収入があった方
  4. 相続税・贈与税の申告をされる方
市・道民税申告 確定申告が不要な方であっても、下記に当てはまる場合は住民税申告が必要になります。
 
  1. 給与収入や公的年金収入のほかに所得がある方
  2. 公的年金収入が400万円以下で、各種控除を追加される方
  3. 収入がない方か、収入が非課税収入(遺族年金や障害年金など)のみの方のうち
  • 国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療制度に加入している方
  • 国民年金保険料の免除申請をする方
  • 所得証明書などの発行を予定している方
※所得税の確定申告をした方は、住民税の申告を行ったものとみなされるので、改めて申告をする必要はありません
※給与収入で年末調整がされている場合はその事業所、一定金額以下の公的年金収入のみの場合は年金事務所などからの報告で、住民税などが計算されます
※世帯の総所得が一定額以下のときは、国民健康保険料や介護保険料、後期高齢者医療保険料が軽減されます(住民税の申告をしていないと軽減ができません)

市・道民税申告書を印刷される方はこちらをご覧ください。
関連リンク 市・道民税申告書(内部リンク)
 

所得税と市・道民税の違い

所得税と市・道民税(住民税)はどちらも個人の所得に対してかかる税金ですが、次のような違いがあります。
所得税と市・道民税の違い一覧
税金の名称 所得税 市・道民税(住民税)
税金の分類 国税(税務署) 地方税(市区町村・都道府県)
課税所得 その年の所得 前年の所得
課税方法 申告納税
納税者が1年間(毎年1月から12月)の所得とその所得に対する税額を計算し申告する「確定申告」と給与や年金などの支払時に税額計算する「源泉徴収」に分かれます。
賦課課税
市・道民税(住民税)申告書、所得税確定申告書、給与支払報告書、公的年金等支払報告書などの課税資料に基づいて市区町村が税額を計算し課税します。
納付方法 納税者は確定申告で税額を計算し納付書で納付します。
また、給与や年金などの場合は、給与支払者(勤務先)や年金支払者(日本年金機構など)が税額を計算し、その税額を支払時に源泉徴収(差し引き)します。
その後1年間の税額を再計算する「年末調整」や確定申告で精算する場合があります。
納税者は、市区町村から送付される納付書で納める「普通徴収」と、給与支払者(勤務先)や年金支払者(日本年金機構など)が個人に代わり給与や年金から毎月差し引いて納入する「特別徴収」があります。
詳しい内容はこちらをご覧ください。
関連リンク個人市・道民税(内部リンク)
※市で受け付けた所得税の確定申告書は、室蘭税務署に送付します。また、確定申告をされた場合、その内容をもとに市・道民税(住民税)の課税手続きを進めるため、所得税の確定申告をした方は、改めて市・道民税の申告をする必要はありません

お問い合わせ先

企画財政部税務課市民税係
電話 0142-23-3331 (内線263・264・269)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー