ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

「介護マーク」について

介護をしている最中でも、一見して介護中なのかどうか分かりにくかったり、何をしているのか疑問をもたれることもあります。そして、そのために介護をする方が誤解や偏見を持たれる場合があります。
市では、介護する人が安心して介護ができるよう、介護中であることを周囲に知らせる「介護マーク」を配付します。(名札ケースにストラップを付け、首から下げられるようにしています)

介護マークの写真
 
介護マークの概要
内容・特徴
  • 縦69ミリメートル×横97ミリメートル
  • 首から下げるストラップ付きのケースに入れて無料でお渡しします。
  • 背中に回しても見えるよう両面になっています。
  • マークを知らない人でも一目でわかるように「介護中」の文字があります。   
  • 「介」の文字が、人が人を支えるデザインになっています。
利用例
  • 介護していることを周囲の人に、さりげなく知ってもらいたいとき
  • 駅やサービスエリアなど、異性用トイレで付き添うとき
  • 男性介護者が女性用の衣服などを購入するとき
配付対象者
  • 認知症や障がい者などの介護をする方
  • 高齢者施設などの介護職員
  • 病院などで介護が必要な方を介護する方
配付場所
  • 高齢福祉課高齢者福祉係(市役所1階5番窓口)
  • 大滝総合支所
  • 地域包括支援センター(所在地:北海道伊達市松ヶ枝町59番地4 ふれあい福祉センター内)
  • 伊達赤十字病院
  • ミネルバ病院
伊達市地域包括支援センターの詳しい内容は、こちらをご覧ください。
ダウンロード
ダウンロードして利用する方は、下記からダウンロードしてください。
「介護マーク」を紙に印刷し、「縦69ミリメートル×横97ミリメートル」サイズで切り取り、首からかけられるストラップ付きケースなどに入れて使用してください。

お問い合わせ先

健康福祉部高齢福祉課高齢者福祉係
電話 0142-23-3331 (内線302・303・309)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー