ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

認知症の方を支えるために

認知症になると、家族や周りの誰よりも、本人が一番にその症状を受け入れられず不安や生きづらさを感じています。

認知症になった本人の家族、友人、地域の方が、「認知症」という病気を正しく理解して、本人の気持ちに寄り添った対応をすることが大切です。周囲の温かい気持ちや対応で、本人や家族は安心して地域で暮らすことができ、また、認知症の症状が落ち着くことがあります。

 

認知症サポーター

認知症サポーターとは、認知症について正しく理解し、できる範囲で認知症の方や家族を温かく見守る応援者のことです。

伊達市では、認知症サポーターを養成するための講座を開催しています。

この講座は1時間半から2時間程度で認知症という病気について、認知症の方への対応方法などを学び、終了後にはオレンジリングを配付します。5人程度の人数が集まれば講座を開催しますので、担当課にお問い合わせください。
 

認知症地域支援推進員

認知症地域支援推進員は、認知症になっても住み慣れた地域で安心して生活が継続できるように、医療や介護、地域の支援機関をつなぐ専門家です。

伊達市は、地域包括支援センターに配置しています。
 

主な役割

  • 認知症に関する総合相談
  • 認知症の人やその家族が必要に応じて医療や介護サービスを受けられるよう、関係機関へのつなぎや連絡調整の支援
  • 認知症に関する社会資源などの情報収集・提供
  • 認知症に関する出前講座や認知症サポーター養成講座などの実施による認知症への理解啓発
  • 地域におけるネットワークの構築

伊達市地域包括支援センターの詳しい内容はこちらをご覧ください。

関連リンク伊達市地域包括支援センター(内部リンク)
 

認知症介護者のつどい「つくしんぼう」

「つくしんぼう」は、認知症の方の介護などをしている方の集いの場所です。

月に一度保健センターに集まり、参加者がそれぞれの経験談や悩みを話し合ったり、情報交換をしながら交流を図っています。勉強会でもなく、介護者同士の「おしゃべりの会」ですので、お気軽にご参加ください。
 

認知症介護者のつどい「つくしんぼう」の概要
日時 毎月第2火曜日、午後1時30分から午後3時30分
場所 伊達市保健センター機能訓練室
(所在地:北海道伊達市末永町39番地8)
問い合わせ先 担当:伊達市地域包括支援センター
電話:0142-21-7755

認知症カフェ

認知症カフェとは、認知症の方やその家族が思いを共有する場であるとともに、地域にお住まいの方や専門家が参加し、認知症の方への支援の仕方や家族の介護負担を軽減できるような専門家のアドバイスなど、気軽に情報交換などができる集いの場で市内に2ヵ所あります。参加費は無料で、事前予約は不要ですので、「認知症を予防したい」「身近に認知症の方がいて気になる」など、認知症に関心がある方は、お気軽にお越しください。


認知症カフェ「クオレカフェ」

ミネルバ病院(伊達市)の同法人施設、有料老人ホームチエロだてで開催しているカフェです。月に一度、健康に関するさまざまな講座やイベントを開催するとともに、認知症や介護についてのご相談や疑問にもお答えしています。

認知症カフェ「クオレカフェ」の概要
日時 月1回、午後1時30分から午後2時30分
※主に第3木曜日に開催。各種相談などに応じ、午後3時30分まで開放しています
場所 介護付有料老人ホームチエロ
(所在地:北海道伊達市舟岡町340番地1)
問い合わせ先
  • チエロだて(電話:0142-23-1181)
  • ミネルバ病院認知症疾患医療センター(電話:0142-21-2000)


認知症カフェ「るうあ」

普段は介護保険のデイサービスを行っている事業所「アウル」で開催するカフェです。

デイサービスが休みの日に事業所を地域に開放しようとはじめました。介護の大変さを語り合ったり、悩みを相談し合ったり、必ずしも認知症の話題に限定せず、自由に語らう場としています。

認知症カフェ「るうあ」の概要
日時 概ね月1回
※詳しい日時はお問い合わせください
場所 デイサービスセンターアウル
(所在地:北海道伊達市弄月町233番地4)
問い合わせ先 デイサービスセンターアウル(電話番号:0142-21-1150)

お問い合わせ先

健康福祉部高齢福祉課高齢者福祉係
電話 0142-23-3331 (内線302・303・309)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー