ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

農業委員と農地利用最適化推進委員の募集

「農業委員会等に関する法律」が改正され、農業委員の選出方法が公選制(選挙)から市長が議会の同意を得て任命する任命制へと変更になりました。これに伴い、平成29年7月19日に任期満了を迎える農業委員の候補者を募集します。

また、主に農地の集積・集約化、耕作放棄地の発生防止・解消などの現場活動を担当地区で行う「農地利用最適化推進委員」を新たに設置することになったため、同委員の候補者を募集します。
※募集受付は終了しました

 

農業委員会法の改正の詳しい内容は、こちらをご覧ください。
関連リンク農林水産省 平成27年農業委員会法改正について(外部リンク)
 

委員会の内容 農業委員 職務内容 農地などの許認可業務、農地利用の集積・集約化など
任期 平成29年7月20日から3年間
委員数 9人
応募資格 次のどちらかにあてはまる方
  • 農業に関する識見のある農業者・農業関係者など
  • 農地法など農地行政に精通し農業委員会の所掌事務に利害関係のない方
活動 通年
報酬 月額37,800円
農地利用最適化推進委員 職務内容 担当する地区の農地利用の集積・集約化、耕作放棄地の発生防止・解消、新規参入の促進など
任期 委嘱日から農業委員の任期満了の日まで
委員数 10人(伊達市を8区域に分け、各区域から1から2人、合計10人)

担当地区の区分はこちらをご覧ください。
農地利用最適化推進委員の担当地区(PDF:84KB)
応募資格 農業に関する識見のある農業者・農業関係者など
活動 通年
報酬 月額37,800円
募集人数

農業委員:9

農地利用最適化推進委員:10人

※候補者の氏名・年齢・職業などは、応募期間の中間と期間終了後、速やかに市ホームページと市の公示板で公開します
応募期間 平成29年1月16日(月曜日)から2月15日(水曜日)
応募方法

応募・推薦書類を次のどれかの方法で提出してください。

  • 担当窓口に持参(担当窓口:市農業委員会事務局・市役所第2庁舎)
  • 郵送(〒052-0024北海道伊達市鹿島町20番地1伊達市農業委員会事務局あて)

※他者推薦の場合は農業者などの3人以上の推薦書か、農業者などの団体・法人の推薦書を提出してください

※農業委員と農地利用最適化推進委員の両方に応募・推薦できますが、兼務はできません

推薦書・応募用紙

農業委員

  • 農業委員推薦書(様式第1号)(PDF:107KB)
  • 農業委員応募届出書(様式第2号)(PDF:84KB)
  • 記載例:個人による農業委員の推薦(様式第1号)(PDF:125KB)
  • 記載例:団体などによる農業委員の推薦(様式第1号)(PDF:131KB)
  • 記載例:農業委員の応募届出書(様式第2号)(PDF:102KB)

農地利用最適化推進委員

  • 推進委員推薦書(様式第1号)(PDF:92KB)
  • 推進委員応募届出書(様式第2号)(PDF:81KB)
  • 記載例:個人による推進委員の推薦(様式第1号)(PDF:110KB)
  • 記載例:団体などによる推進委員の推薦(様式第1号)(PDF:116KB)
  • 記載例:推進委員の応募届出書(様式第2号)(PDF:109KB)

※推薦書・応募用紙は担当窓口に備え置いています。また、市ホームページでダウンロードする際は、必ずA4サイズの縦方向に等倍で印刷してご利用ください

 

農業委員の募集状況について(最終公表)

農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第8号)第9条第2項及び同法施行規則第6条第2項の規定に基づき、平成29年2月16日現在の農業委員の推薦及び応募状況について、以下のとおり公表します。

受付人数

推薦を受けた方 8名(うち認定農業者 6名)
応募した方 2名(うち認定農業者 1名)

農地利用最適化推進委員の募集状況について(最終公表)

農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第8号)第19条第2項と同法施行規則第12条第2項の規定に基づき、平成29年2月16日現在の農地利用最適化推進委員の推薦・応募状況を下記のとおり公表します。

受付人数

推薦を受けた方 10名
応募した方 1名

お問い合わせ先

農業委員会事務局農地係
電話 0142-23-3331 (内線552・553)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー