ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

みんなで考えよう!伊達市の魅力とまちづくりシンポジウム

平成29年8月29日に開催したシンポジウムには、多くの方に参加いただき、市内の高校生による「伊達市の将来について」のワークショップ成果発表や、パネリストによる伊達市のまちづくりについてのパネルトークを行いました。
シンポジウムの中で募集したパネリストの方たちへの質問をたくさんいただきましたが、時間の都合上、全てをご紹介することはできませんでした。いただいた質問は、アンケートの結果と合わせて第七次総合計画を策定するための参考にさせていただきます。
シンポジウム会場全体写真 高校生による発表風景写真 パネルディスカッション風景写真
テレビなどで活躍されているTEAM NACSリーダーの森崎博之さんもゲストで出演しました。

まちづくりシンポジウムの開催内容

伊達市では、2028年度を目標年次とするまちづくり計画(第七次伊達市総合計画)の策定に着手しています。
この第七次伊達市総合計画は、2019年度から2028年度までの10年間の伊達市のまちづくりの指針になるものです。

これからの伊達市のまちづくりも、市民の皆さんと意識を共有し、共に取り組んでいくことが重要であり、そのためには指針である計画づくりの段階から市民の皆さんの考え方や市としての考え方を話し合い、高めあっていくことが必要と考えています。
※この催しは終了しました
 

  シンポジウムポスター
チラシ(PDF:1MB)
 

シンポジウム開催内容
日時 平成29年8月29日(火曜日)午後6時30分から午後8時30分
場所 だて歴史の杜カルチャーセンター大ホール(所在地:北海道伊達市松ヶ枝町34番地1)
関連リンクだて歴史の杜カルチャーセンター(内部リンク)
主な内容 第1部 高校生まちづくりワークショップ成果発表「伊達市の魅力とまちづくり、こうあるべき」
  • 北海道伊達高等学校の生徒の皆さん
  • 北海道伊達緑丘高等学校の生徒の皆さん
第2部 森崎博之さんが語る「私が思う未来の伊達市」
  • 森崎 博之さん(TEAM NACSリーダー)
第3部 パネルトーク「輝き続ける伊達市をつくるために」

パネリスト

  • 石井 吉春さん(北海道大学公共政策大学院特任教授)
  • 森崎 博之さん(TEAM NACSリーダー)
  • 菊谷 秀吉伊達市長

コーディネーター

  • 五十嵐 智嘉子さん(一般社団法人北海道総合研究調査会理事長)
参加費 無料
その他 事前の申し込みは不要です。当日直接会場にお越しください。

お問い合わせ先

企画財政部企画課企画調整係
電話 0142-23-3331 (内線212・213・214・218)

メールメールでのお問い合わせはこちら

取り組み・行政運営

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー