ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

クマの足跡が発見されました

平成30年12月11日(火曜日)午前7時ごろ、北海道伊達市志門気町(市道志喜別通り線付近)でクマの足跡が発見されました。
今後、クマの出没が予想されますので、付近にお住まいの方や近くを通行する際は、ご注意ください。

クマと遭遇しないために

  • クマの行動が活発な朝・夕は、山中に入らない。
  • クマの出没状況を確認し、危険な場所には近付かない。
  • 鈴や笛、ラジオなど音が出るものを携帯し、クマに自分の存在を知らせる。
  • 必ずグループで行動する。
  • 山菜採りは、周囲を確認し、見通しのきかない場所は特に注意する。
  • クマの足跡やふんなどを見つけたら、それ以上近付かずに引き返す。

万一クマに遭遇してしまったら

  • クマが遠くにいるときは、静かにその場を立ち去りましょう。
  • クマと近くで遭遇したときは、クマから目を離さず、持ち物や帽子、衣類などを静かに地面に置いて、クマの注意をそらすなどして、背中を見せずにゆっくり後ずさりして離れましょう。
  • 子グマの近くには必ず母グマがいますので、絶対に子グマに近づいてはいけません。
  • クマは前足で人間の顔面や頭部を攻撃しますので、最小限のケガで済むように両手で顔や頭をかばってください。

クマの出没情報をお寄せください

クマの姿や足跡を見つけたときは、すぐに伊達警察署や市役所の担当に連絡してください。
伊達警察署(電話:0142-22-0110)

お問い合わせ先

経済環境部環境衛生課環境衛生係
電話 0142-23-3331(内線542・543・545・548)

メールメールでのお問い合わせはこちら

暮らし

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー