ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

7月の新しい本

図書館内の写真

7月に新しく入った本を紹介(しょうかい)します。
本のなまえ 作者名 あらすじ 左の本の作者の
ほかの本
らくごでことわざ笑(しょう)辞典(じてん)
斉藤 洋      (さいとう ひろし)

これからするのは、ことわざにまつわる、おもしろくってためになるお話(はなし)。「犬(いぬ)も歩けば(あるけば)棒(ぼう)にあたる」「月夜(つきよ)に釜(かま)をぬかれる」など、ことわざがテーマの創作(そうさく)落語(らくご)全(ぜん)4話(わ)を収録(しゅうろく)。

  • いつでもインコ
  • うらからいらっしゃい
菜の子(なのこ)ちゃんとカッパ石(いし) 富安 陽子   (とみやす ようこ)

平家(へいけ)が滅んだ(ほろんだ)壇ノ浦(だんのうら)がある本州(ほんしゅう)の西(にし)の端(はし)、下関(しものせき)。山(やま)あいの里(さと)で昔(むかし)さんざん悪さ(わるさ)をしたカッパたちが、150年(ねん)ぶりにもどってくる! ふしぎな転校生(てんこうせい)・菜の子ちゃんは、ワルのカッパから町(まち)を守れる(まもれる)か!?

  • キツネのうまいもん屋(や)
  • とどろヶ淵(ふち)のメッケ
夏(なつ)の魔女(まじょ)
ルース・チュウ
 

ある夏、ニューヨークの美術館(びじゅつかん)を訪れた(おとずれた)サラと弟(おとうと)のティモシー。
展示(てんじ)してあった家(いえ)に入った(はいった)ふたりは、タイムスリップしてしまい。
ルース・チュウの魔女シリーズ第(だい)22弾(だん)。

  • 魔女の本棚(ほんだな)シリーズ
こぞうさんのおきょう
新美 南吉      (にいみ なんきち)

うさぎが教えて(おしえて)くれたお経(おきょう)を、そのまま仏(ほとけ)さまにあげてしまうこぞうさんと、それを真正面(ましょうめん)から受け(うけ)止めて(とめて)くれた檀家(だんか)の人(ひと)びとを描く(えがく)。
ユーモアと善意(ぜんい)にあふれた、新美南吉の幼年(ようねん)童話(どうわ)。

  • 子(こ)どものすきな神(かみ)さま
  • 手(て)ぶくろを買いに(かいに)
出発(しゅっぱつ)進行(しんこう)!里山(さとやま)トロッコ列車(れっしゃ) かこ さとし

千葉県(ちばけん)房総(ぼうそう)半島(はんとう)の小湊(こみなと)鐵道(てつどう)で、新しく(あたらしく)「里山トロッコ列車」が走る(はしる)ことになりました。
里山トロッコ列車の沿線(えんせん)の自然(しぜん)や見(み)どころをイラストで紹介(しょうかい)します。
さあ、のどかな旅(たび)にでかけましょう。
見返し(みかえし)に沿線図(えんせんず)あり。

  • うたのすきなかえるくん
  • だむのおじさんたち
ハーネスをはずして 辻 惠子     (つじ けいこ)

盲導犬(もうどうけん)たちへの最後(さいご)の贈り(おくり)ものとは。
看取った(みとった)盲導犬は250頭(とう)。盲導犬のための老犬(ろうけん)ホームの運営(うんえい)に、28年(ねん)に渡り(わたり)かかわってきた著者(ちょしゃ)が、老犬ホームの暮らし(くらし)を語る(かたる)。

 -
こうじのくるま コヨセ ジュンジ 工事(こうじ)現場(げんば)で大活躍(だいかつやく)する、くるまたち。
工事のくるまは、どんなふうに仕事(しごと)をしているんだろう。
はたらくくるまの秘密(ひみつ)やなぞがぜんぶわかる絵本(えほん)。パノラマページあり。
 -
おばけやさん 6 おかべ りか

ちょっとしたお手伝い(てつだい)から、人間(にんげん)にはできないような大きな(おおきな)しごとまで何(なん)でも引き(ひき)受ける(うける)「おばけや」。
今回(こんかい)のしごとは、雑貨屋(ざっかや)のお店番(みせばん)で。
4コママンガ入り(いり)の楽しい(たのしい)お話(はなし)3本(ぼん)を収録(しゅうろく)。
ジャケットそでにメッセージ・カード付き(つき)。

  • おばけやさんシリーズ
  • よい子(こ)への道(みち)
     
ウミガメものがたり 鈴木 まもる   (すずき まもる)

母(はは)ウミガメが砂浜(すなはま)にうめた卵(たまご)からかえった子(こ)ガメたち。
砂(すな)の中(なか)からはいだして海(うみ)にむかいます。
でもそこはゴールではなく、長い(ながい)長い旅(たび)のはじまりなのです。小さな(ちいさな)命(いのち)の大きな(おおきな)ものがたり。

  • ニワシドリのひみつ
  • ぼくの町(まち)に電車(でんしゃ)がきた
おせんとおこま 飯野 和好   (いいの かずよし)

茶屋(ちゃや)の娘(むすめ)おせんは、九つ(ここのつ)。乱暴(らんぼう)なお客(きゃく)にも、にこにこ接して(せっして)いる評判(ひょうばん)の娘です。
ある日(ひ)、かごやざる、みのと食糧(しょくりょう)を交換(こうかん)するために、山渡り(やまわたり)の娘おこまが茶屋にやってきて。おせんとおこまの出会いを(であい)描く(えがく)。

  • ねぎぼうずのあさたろうシリーズ
  • へのかっぱ
やまびと
 
柳田 国男
(やなぎた くにお)原作(げんさく)
鉄砲(てっぽう)撃ち(うち)の名人(めいじん)がまだ若かった(わかかった)ころ、山奥(やまおく)の大きな(おおきな)岩(いわ)の上(うえ)に女(おんな)がいるの見(み)た。それは、人(ひと)ではなく、やまおんなで。
京極(きょうごく)夏彦(なつひこ)による新たな(あらたな)語り(かたり)と、中川(なかがわ)学(まなぶ)の絵(え)による「遠野(とおの)物語(ものがたり)」の絵本(えほん)。
見返しに「遠野物語マップ」あり。
  • 遠野ものがたり
  • まよいが
へんてこたまご エミリー・グラヴェット

鳥(とり)たちのたまごが次々(つぎつぎ)と孵る(かえる)なか、最後(さいご)に残った(のこった)のはカモくんが見つけ(みつけ)たたまご。カモくんは編み物(あみもの)をしながら待ち(まち)続け(つづけ)ます。たまごの中(なか)から出て(でて)きたのは…? ページをめくるとたまごが孵る、しかけ絵本(えほん)。見返し(みかえし)にイラストあり。

  • オオカミ
  • もっかい
怪談(かいだん)オウマガドキ学園(がくえん)17   常光 徹(つねみつ とおる)責任編集(せきにんへんしゅう)

オウマガドキ学園のクラスメートはオバケと幽霊(ゆうれい)と妖怪(ようかい)と…。さあ、もうすぐ授業(じゅぎょう)がはじまるよ。17は、「建物空間」(たてものくうかん)をテーマに13編(ぺん)の怖い(こわい)話(はなし)を収録(しゅうろく)。見返し(みかえし)に4コママンガ等(とう)あり。ソフトカバー版(ばん)も同時刊行(どうじかんこう)。

  • 怪談オウマガドキ学園シリーズ
  • 妖怪図鑑(ようかいずかん) 
あぶないよ、ふわふわケムちゃん! エドワード・ハーディ
 

まっしろで、ふわふわのケムシのケムちゃん。カラスのカークロウに追い(おい)かけられて、いろんなところに隠れ(かくれ)ます。ケムちゃんは、カークロウのお昼(ひる)ごはんになっちゃうのかな…? はらはらどきどきの絵本(えほん)。見返し(みかえし)にイラストあり。

 -
ジュウオウジャーかぞく のぶみ
 

あこがれのジュウオウジャーになりたい、ひろと。ふだんはできないことがあるとママを呼んで(よんで)しまうひろとだけど、甘え(あまえ)をすてて、悪者(わるもの)たちとたたかうために、家族(かぞく)といっしょに変身(へんしん)だ! 見返し(みかえし)に絵(え)あり。

  • しんかんくんシリーズ
  • ママがおばけになっちゃった
ちっちゃなトラックレッドくんとグリーンくん みやにし たつや

「ブッブ〜 いってきまーす」 ちっちゃなトラックのレッドくんとグリーンくんが、パンダ博士(はかせ)に荷物(にもつ)を届ける(とどける)ために出発(しゅっぱつ)! うまく運べる(はこべる)かな? 読み(よみ)聞かせ(きかせ)にぴったりの絵本(えほん)。折り込み(おりこみ)ページあり。

  • かぶと3兄弟(きょうだい)
  • カエルくんのみずたまり
※あらすじは、図書館流通(としょかんりゅうつう)センター出典(しゅってん)

お問い合わせ先

教育委員会図書館(としょかん)
電話 0142-25-3336

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで