ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

1月の新しい本

新しく(あたらしく)入った(はいった)本(ほん)を紹介(しょうかい)します。この他(ほか)にも、たくさんありますので、ぜひ図書館(としょかん)に来て(きて)ください。

魔女(まじょ)が相棒(あいぼう)?ねぐせのヤマネ姫(ひめ)

魔女が相棒?ねぐせのヤマネ姫の表紙
作者名(さくしゃめい)

柏葉 幸子(かしわば さちこ)

あらすじ

ある日(ひ)、異世界(いせかい)に引き(ひき)込まれた(こまれた)サヤ。呼んだ(よんだ)のは落ちこぼれ(おちこぼれ)魔女だった。1日(にち)だけ姫の身代わり(みがわり)をすれば帰して(かえして)くれるという。
その城(しろ)では、人間(にんげん)がケモノに変え(かえ)られているが、今年は1人(ひとり))増えて(ふえて)いる? サヤがその謎(なぞ)を解く(とく)ことに。

出版社(しゅっぱんしゃ)

理論社(りろんしゃ)

アーサー王(おう)の世界 4 湖(みずうみ)の城と若き(わかき)ランスロット

アーサー王の世界4湖の城と若きランスロットの表紙
作者名(さくしゃめい)

斉藤 洋(さいとう ひろし)

あらすじ

ローマ軍(ぐん)に攻め(せめ)落とされた城から落ちのびたランスロット王子(おうじ)。
不思議(ふしぎ)な湖で修行(しゅぎょう)をし、やがてアーサー王の円卓(えんたく)の騎士(きし)として迎え(むかえ)られるが。
新しい視点(してん)で「アーサー王の世界」を再構成(さいへんせい)。

出版社(しゅっぱんしゃ)

静山社(せいざんしゃ)

風(かぜ)と行く(いく)者(もの)

風と行く者の表紙
作者名(さくしゃめい)

上橋 菜穂子(うえはし なほこ)

あらすじ

「天(てん)と地(ち)の守り人((もりびと)」後(ご)のバルサを過去(かこ)の回想(かいそう)を交えて(まじえて)描く(えがく)、「守り人」シリーズ外伝(がいでん)。
少女(しょうじょ)時代(じだい)のバルサとジグロの旅(たび)が現在(げんざい)のバルサの旅と交叉(こうさ)し、ゆたかな物語(ものがたり)が立ち(たち)あがる。

出版社(しゅっぱんしゃ)

偕成社(かいせいしゃ)

アンネのこと、すべて

アンネのこと、すべての表紙
作者名(さくしゃめい)

アンネ・フランク・ハウス編

あらすじ

アンネが生きた(いきた)のはどのような世界だったのか? ユダヤ人は、なぜ迫害(はくがい)されなければならなかったのか?
「アンネの日記(にっき)」の著者(ちょしゃ)アンネ・フランクの誕生(たんじょう)から死(し)、アンネの関係者(かんけいしゃ)の現在までをたどる。ミニページあり。

出版社(しゅっぱんしゃ)

ポプラ社(しゃ)

キタリス・ウーと森(もり)のお医者(いしゃ)さん

キタリス・ウーと森のお医者さんの表紙
作者名(さくしゃめい)

竹田津 実(たけたず みのる)

あらすじ

獣医(じゅうい)の竹田津(たけたづ)実(みのる)先生(せんせい)に助け(たすけ)られたキタリスのウーは、自然(しぜん)へ帰っても、また先生のもとにもどってくる。いたずらをしたり、散歩(さんぽ)についてきたり。
ウーと先生の心(こころ)の交流(こうりゅう)を描く。ウーの愛らしい(あいらしい)姿(すがた)を捉えた(とらえた)カラー写真(しゃしん)も掲載(けいさい)。

出版社(しゅっぱんしゃ)

PHP研究所(けんきゅうじょ)
 
※あらすじは、図書館流通(りゅうつう)センター出典(しゅってん)

お問い合わせ先

教育委員会図書館(としょかん)
電話:0142-25-3336

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで