ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

9月のおすすめの本

おすすめの絵本
近く(ちかく)に、おじいちゃん、おばあちゃんはいますか?
こんな本(ほん)を読む(よむ)と、優しい(やさしい)気持ち(きもち)になれるかも。
おすすめ本の内容
表紙(ひょうし)となまえ 作者名(さくしゃめい) あらすじ 出版社(しゅっぱんしゃ)
釣りに行こう!の表紙
釣り(つり)に行こう(いこう)!
高橋 秀雄
(たかはし ひでお)
夏休み(なつやすみ)に大(おお)イワナを釣ったことがきっかけで、釣りに興味(きょうみ)を持った(もった)佑太(ゆうた)。クラスのテツと釣り道具(どうぐ)をそろえるが、近くの川(かわ)は禁漁(きんりょう)の時期(じき)だった。佑太、テツ、佑太のおじいちゃん。みんな、釣りの解禁日(かいきんび)が待ち(まち)遠し(どおし)くて。 文研(ぶんけん)出版
おばあさんのお手玉の表紙
おばあさんのお手玉(おてだま)
大西 伝一郎
(おおにし でんいちろう)
マイのおばあさんはとても、お手玉が上手(じょうず)です。
ある日(ひ)、おばあさんは、だいじにしている古い(ふるい)お手玉の話(はなし)をしてくれました。それは、おばあさんのこどものころからずっと、胸(むね)のおくにしまっておいた大切(たいせつ)なものがたりでした。
ひくまの出版
花曜日の表紙
花曜日(はなようび)
安江 生代
(やすえ いくよ)
「花曜日」は、ルミだけの秘密(ひみつ)の言葉(ことば)。ルミのことが大好き(だいすき)なカヤは、その意味(いみ)が知り(しり)たくてたまりません。
そんなある日、ルミがカヤに「今日(きょう)、カヤは、花曜日だったね」と言い(いい)ました。花曜日って、一体(いったい)どんな日なのでしょう。
文研出版
だいすきだよ、オルヤンおじいちゃんの表紙
だいすきだよ、オルヤンおじいちゃん
カミラ・ボルイストレム 8才(さい)のオルヤンは、おばあちゃんがいる老人(ろうじん)ホームで自分(じぶん)と同じ(おなじ)名まえ(なまえ)のおじいちゃんと出会う(であう)。
足(あし)がわるくて外(そと)に出(で)られないおじいちゃんを、オルヤンは車(くるま)いすに乗せて(のせて)連れ(つれ)出すが。
男の子(おとこのこ)とおじいちゃんの交流(こうりゅう)と別れ(わかれ)を描く(えがく)。
徳間書店(とくましょてん) 
花火とおはじきの表紙
花火(はなび)とおはじき
川島 えつこ
(かわしま えつこ)
わたし、おばあちゃんに、なんにも、してあげられなかった。
急死(きゅうし)した祖母(そぼ)と、孫(まご)の、おたがいへのあふれる思い(おもい)が心(こころ)にしみるファンタジー。
ポプラ社
※あらすじは、図書館(としょかん)流通(りゅうつう)センター出典(しゅってん)

お問い合わせ先

教育委員会図書館(としょかん)
電話:0142-25-3336

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで