ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

12月のおすすめの本

クリスマスの飾りの写真
12月(がつ)といえばやっぱりクリスマス。クリスマスといえばサンタクロース。サンタクロースといえばプレゼント!
今回(こんかい)はクリスマスプレゼントをテーマにした本(ほん)を紹介(しょうかい)します。

うさぎのぴょんのクリスマス

うさぎのぴょんのクリスマスの表紙写真

作者名(さくしゃめい)

ハロルド・ジョーンズ

あらすじ

ぴょんはぬいぐるみのうさぎ。クリスマスイブの晩(ばん)、小人(こびと)たちに連れ(つれ)られてサンタさんのところへ行った(いった)ぴょんは、あるお願い(おねがい)をしました。
英国(えいこく)の香り(かおり)高い(たかい)古典(こてん)絵本(えほん)。

出版社(しゅっぱんしゃ)

徳間(とくま)書店(しょてん)

森(もり)のプレゼント

森のプレゼントの表紙写真

作者名(さくしゃめい)

ローラ・インガルス・ワイルダー

あらすじ

ローラやいとこたちは、どんなクリスマスを過ごす(すごす)のでしょうか?
テレビシリーズ「大草原(だいそうげん)の小さな(ちいさな)家(いえ)」の原作(げんさく)「大きな(おおきな)森の小さな家」のクリスマスを、安野光雅(あんのみつまさ)の美しく(うつくしく)も遊び(あそび)心(ごころ)あふれる絵(え)と訳(やく)で描き(かき)下ろした(おろした)一冊(いっさつ)。

出版社(しゅっぱんしゃ)

朝日(あさひ)出版社

おもちゃ屋(や)へいったトムテ

おもちゃ屋へいったトムテの表紙写真

作者名(さくしゃめい)

エルサ・ベスコフ

あらすじ

スウェーデンの小人の妖精(ようせい)はトムテと呼ばれ(よばれ)ています。
トムテのいたずら息子(むすこ)ヌッセが、人形(にんぎょう)として町(まち)のおもちゃ屋へ運ばれ(はこばれ)、ショーウィンドウに飾られて(かざられて)しまいます。
北欧(ほくおう)の小人の冒険(ぼうけん)を描いた(えがいた)かわいい絵本。

出版社(しゅっぱんしゃ)

福音館(ふくいんかん)書店

ゆうれいばばさまのクリスマス

ゆうれいばばさまのクリスマスの表紙写真

作者名(さくしゃめい)

柏葉 幸子(かしわば さちこ)

あらすじ

都会(とかい)のマンションに住む(すむ)、いたずら好き(ずき)な「ゆうれいばばさま」と、ばばさまの姿(すがた)が見える(みえる)人間(にんげん)の少年(しょうねん)、ゆうた。
2人(ふたり)で過ごすクリスマスをユーモラスに描いた、心(こころ)温まる(あたたまる)作品(さくひん)です。

出版社(しゅっぱんしゃ)

佼成(こうせい)出版社

サンタクロースに会い(あい)ました

サンタクロースに会いましたの表紙写真

作者名(さくしゃめい)

増田 久雄(ますだ ひさお)

あらすじ

サンタクロースの存在(そんざい)を姉(あね)に否定(ひてい)された8歳(さい)のメリー。
本当(ほんとう)のことが知り(しり)たくて、メリーはもっとも信頼(しんらい)する祖母(そぼ)のもとへ向かい(むかい)ますが。
子ども(こども)から大人(おとな)まで、大切(たいせつ)な人(ひと)と読んで(よんで)語らい(かたらい)たいクリスマスのお話(はなし)。

出版社(しゅっぱんしゃ)

ポプラ社(しゃ)
 
※あらすじは、図書館(としょかん)流通(りゅうつう)センター出典(しゅってん)

お問い合わせ先

教育委員会図書館(としょかん)
電話:0142-25-3336

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで