ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

11月のおすすめの本

露天風呂につかるサル
秋(あき)も深まり(ふかまり)、だんだん寒く(さむく)なってきましたね。あったか~い「おふろ」にまつわる本(ほん)を読んで(よんで)みませんか。
 
本のなまえ 作者名 あらすじ 左の本の作者のほかの作品
もののけ温泉(おんせん)滝の湯(たきのゆ)へいらっしゃい 佐々木 ひとみ
(ささき ひとみ)
共同(きょうどう)浴場(よくじょう)・滝の湯は午後(ごご)6時(じ)から6時40分(ぷん)までは休憩(きゅうけい)時間(じかん)。けれど、実(じつ)はこっそり営業(えいぎょう)している。
糸子(いとこ)ババからその時間の番台(ばんだい)を頼まれ(たのまれ)たかえでは、決まり(きまり)通り(どおり)にお客(きゃく)の顔(かお)を見ない(みない)ようにしていたのだが。
  • ドラゴンのなみだ
  • ぼくとあいつのレストラン
ようこそドングリおんせんへ 北村 けんじ
(きたむら けんじ)
フウコはおじいちゃんがだいすきだ。
ある日(ひ)、おじいちゃんはフウコをさんぽにさそった。ドングリ林(ばやし)のおんせんへ行く(いく)んだって。
でも、ドングリ林におんせんなんてあったかしら。
  • 子(こ)ヤギの木(き)
  • クジャク砦(とりで)からの歌声(うたごえ)
金魚(きんぎょ)はあわのおふろに入らない?! トリーナ・ウィーブ アビーの夢(ゆめ)は、動物(どうぶつ)のお医者(いしゃ)さん、獣医(じゅうい)になること。それなのにアパートは「ペットおことわり」。
アビーは、近所(きんじょ)のウィルソンさんがかっている金魚を留守中(るすちゅう)、妹(いもうと)のテスといっしょに世話(せわ)させてもらうことにしますが。
  • アビーとテスのペットはおまかせシリーズ
山(やま)のおふろ 村上 康成
(むらかみ やすなり)
ある日、お兄ちゃん(にいちゃん)と山へさんぽに出かけ(でかけ)た女(おんな)の子。
雪(ゆき)のなかで動け(うごけ)なくなったトガリネズミを見つけたら、とっても不思議(ふしぎ)なことがおこりました。
自然(しぜん)のあたたかさがたっぷり味わえ(あじわえ)る絵本(えほん)。広げる(ひろげる)と倍(ばい)になるワイドページ付き(つき)。
  • やきいもの日
  • ももんがもんじろう
アブナイおふろやさん 山本 孝
(やまもと たかし)
おふろやさんがジャングルに!?
「ほうかごスペシャルたんけんたい」は幻(まぼろし)の魚人(ぎょじん)イセン・セババの姿(すがた)を追う(おう)! ハチャメチャでアツイ、男子(だんし)絵本第(だい)2弾(だん)。
見返し(みかえし)に絵あり。
  • アブナイかえりみち
  • ちゃんから町(ちょう)
絵で見るおふろの歴史(れきし) 菊地 ひと美
(きくち ひとみ)
生活(せいかつ)に欠かせ(かかせ)ない「おふろ」の歴史を描く(えがく)。
奈良(なら)時代(じだい)から現代(げんだい)まで、さまざまな形(かたち)に変化(へんか)してきたおふろを見ていくことで、日本人(にほんじん)の文化(ぶんか)や、生活の変化の歴史が感じ(かんじ)取れる(とれる)絵本。
  • 絵で見る服(ふく)とくらしの歴史
ツチノコ温泉へようこそ 中山 聖子
(なかやま せいこ)
小学(しょうがく)5年生(ねんせい)の周一(しゅういち)たちは、草(くさ)むらの中(なか)でツチノコを目撃(もくげき)した。
その話題(わだい)は新聞(しんぶん)やインターネットを通じ(つうじ)てあっという間(ま)に広まり(ひろまり)、町(まち)はツチノコの話題で持ちきり(もちきり)になる。
しかし、その騒ぎ(さわぎ)に巻き(まき)込まれ(こまれ)ていく周一の心中(しんちゅう)は複雑(ふくざつ)で。
  • ふわふわ
  • べんり屋(や)、寺岡(てらおか)の冬(ふゆ)
忍者(にんじゃ)サノスケじいさんわくわく旅(たび)日記(にっき) 2 なすだ みのる 忍者学校(がっこう)のむかしの友達(ともだち)に会い(あい)に長野県(ながのけん)の渋(しぶ)温泉に出かけたサノスケじいさんと一郎太(いちろうた)は、500年前(ねんまえ)の世界(せかい)にきてしまいました。
ふたりは殿様(とのさま)にいじめられている若者(わかもの)とお姫様(ひめさま)を助ける(たすける)ために大奮闘(だいふんとう)します。
ほのぼのふれあい物語(ものがたり)。長野の旅。
  • 天馬(てんま)ジョノン・ハル
  • きつねの花火(はなび)
新(しん)ほたる館(かん)物語 あさの あつこ 一子(いちこ)は温泉旅館(りょかん)・ほたる館の一人娘(ひとりむすめ)。春休み(はるやすみ)のある日、特別室(とくべつしつ)を予約(よやく)して親子連れ(おやこづれ)がやってきた。
母親(ははおや)から預かった(あずかった)高価(こうか)な指輪(ゆびわ)が忽然(こつぜん)と消え(きえ)、ほたる館は大騒ぎに!
  • No.6
  • ミヤマ物語
※あらすじは、図書館(としょかん)流通(りゅうつう)センター出典(しゅってん)

お問い合わせ先

教育委員会図書館(としょかん)
電話 0142-25-3336

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー

フッターメニューここまで