ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

スクールガードリーダー

全国的に住民の皆さんを犯罪から守るさまざまな取り組みが行われていますが、残念ながら子どもを狙った不審者情報が後を絶ちません。
警察や市のパトロール活動にも限界があり、学校内外で児童・生徒の安全を確保するには、学校、家庭、地域が連携し地域ぐるみで子どもを不審者から守る必要があります。
伊達市教育委員会では、市内小学校の通学路の巡回パトロールや学校、児童・生徒、PTA、地域の学校安全ボランティアへの交通安全指導や「安全」に関する各学校の取り組みなどに対する助言を受けるため、平成30年度から警察官OBの富樫司郎さんにスクールガードリーダーを委嘱しています。  
富樫司郎さんの写真
スクールガードリーダーの富樫 司郎さん

市民の皆さんへのお願い

伊達市では、「地域の子どもは、地域で守ろう」(伊達市青少年問題協議会採択)を合い言葉に不審者対策を進めています。
市民の皆さんには、子どもたちの安全を確保するため、都合のいい日・時間・場所で、子どもたちの登下校を見守ってもらっています。
子どもを不審者から守るため、次のようなご協力をお願いします。
  • ごみ出し、花の水やり、散歩、買い物、通勤など、登下校時間に合わせて子どもたちを見守ってください。
  • 不審者を見かけたときはすぐに110番通報し、その後に学校などへご連絡ください。
  • 子どもたちが助けを求めてきたときは、家にかくまうなどして保護し、すぐに110番通報してください。
  • 外で子どもたちが遊んでいるのを見かけたときは、暗くなる前に帰宅するよう声を掛けてください。

お問い合わせ先

教育委員会学校教育課学校教育係
電話 0142-23-3331 (内線505・506・592)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー