ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

学力・学習状況調査の結果

文部科学省は、平成30年4月17日、全国の小学校6年生と中学校3年生を対象に「平成30年度全国学力・学習状況調査」を行いました。 北海道における参加状況は、下記のとおりです。
 

参加状況

北海道の参加状況

参加状況(北海道)
学校数 児童・生徒数
小学校 1,016校 39,617人
中学校 590校 39,683人

伊達市の参加状況

参加状況(伊達市)
学校数 児童・生徒数
小学校 9校 270人
中学校 3校 242人

分析結果

市では、この調査の結果を受けて北海道教育委員会がまとめた「調査結果のポイント」をもとに分析し、報告書にまとめました。

 調査結果(全体)

全体の調査結果

小学校6年生

平均正答率は、すべての教科において北海道を上回っており(算数Aは同値)、全国との比較でも、国語A・B、理科で上回っている。

平均正答率は、数学では北海道を上回っているものの、国語A・Bでは北海道及び全国を下回っている。理科は、全国とほぼ同じとなっている。

中学校3年生

平成30年度全国学力・学習状況調査「調査結果のポイントについて-伊達市における調査結果」(PDF:1,281KB)

今後の取り組み

伊達市教育委員会

  • 各学校の学力・学習改善プランの成果や課題の検証
  • 平成30年度伊達市学力テスト(標準学力調査)の実施
  • 平成31年度全国学力・学習状況調査に向けた準備

伊達市内の小・中学校

  • 平成30年度伊達市学力テスト(標準学力調査)の実施結果を分析
  • 全国学力・学習状況調査・伊達市学力テストの結果の分析をもとに、各学校で「学力・学習改善プラン」を策定
  • 各学校で「学力・学習改善プラン」の具体的取組・実践

前年度までの報告書

お問い合わせ先

教育委員会学校教育課指導室
電話 0142-23-3331 (内線515)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー