ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

伊達市立学校施設でのアスベスト材の使用に関する報道について

平成28年12月14日

大滝小学校の煙突については、石綿含有分析調査の結果、断熱材にアスベストを含有していないことが判明しました。


平成28年11月28日

伊達中学校・光陵中学校・大滝中学校の煙突については、断熱材の剥離はありませんでしたが、石綿含有分析調査の結果、アスベストを含有していることが判明しました。
また、長和小学校の煙突については、石綿含有分析調査の結果、断熱材にアスベストを含有していないことが判明しました。
 

平成28年11月17日

伊達小学校と東小学校で、アスベスト気中濃度測定を実施した結果、速報として、法定基準値を下回っていることが判明しました。
 

平成28年11月10日

伊達小学校・東小学校・有珠小学校の煙突断熱材の石綿含有分析調査の結果、アスベストを含有していることが判明しました。
現在、伊達小学校・東小学校でアスベスト気中濃度測定の調査中です。


平成28年10月31日

有珠小学校で、アスベスト気中濃度測定を実施した結果、空気1リットル中の繊維数は0.3本未満で、大気汚染防止法に定める基準値(1リットル中に10本)を下回っていることが判明しました。


平成28年10月28日

平成28年10月28日付けの新聞で、伊達市立学校のアスベストに関する記事が掲載されました。

平成28年7月から8月に文部科学省の照会を受けて市が調査した結果、伊達小学校・東小学校・有珠小学校で暖房用煙突断熱材の剥離を確認しました。

この結果を受けて、市教育委員会では3校で空気中にアスベストが飛散していないか調査しているところです。
今後は、詳細が分かり次第、随時市ホームページなどでお知らせしますので、ご理解とご協力をお願いします。
 
※校舎内の各教室のダクトからアスベストが噴出すことは構造上ありません
 

お問い合わせ先

教育委員会学校教育課企画総務係
電話 0142-23-3331 (内線504)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー