ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

(仮称)おおたき義務教育学校に係る基本方針

(仮称)おおたき義務教育学校の設置等に係る基本方針とは

伊達市では、学校規模の適正化を進めるため、これまでは学校の統廃合で行ってきましたが、大滝小・中学校は地理的な理由で他の学校との統廃合は難しいと考え、平成28年度から施行された「学校教育法等の一部を改正する法律(平成27年法律第46号)」で新たに設けられた小学校6年間と中学校3年間の義務教育を一貫したカリキュラムで行う「義務教育学校」として再編することになりました。
そこで、平成29年8月に(仮称)おおたき義務教育学校の設置等に係る基本方針を定め、平成31年4月に(仮称)おおたき義務教育学校の開校を目指します。

「(仮称)おおたき義務教育学校の設置等に係る基本方針」はこちらをご覧ください。
(仮称)おおたき義務教育学校の設置等に係る基本方針(PDF:817KB)
 

義務教育学校とは

義務教育学校とは、「学校教育法等の一部を改正する法律(平成27年法律第46号)」で新しく設けられた学校の種類です。
学校教育制度の多様化と弾力的なカリキュラムを推進するため、現行の小・中学校に加えて、小学校から中学校までの義務教育を心身の発達に応じて、基礎的なものから一貫して進めることを目的にしています。
法令上、小・中学校の学習指導要領に従い授業を進めますが、現行の小学校6年間と中学校3年間という区分のほか「4・3・2制」、「5・4制」など、地域の実情にあわせて設置者が区切ることもできます。

お問い合わせ先

教育委員会学校教育課学校教育係
電話 0142-23-3331 (内線505・506・592)

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー