ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

歴史読本「北の大地と生きる」海を渡った亘理伊達家臣団

伊達市は、伊達邦成公が明治新政府から有珠郡の支配を命じられた明治2年(1869年)から数え、令和元年に(2019年)に150年の節目を迎えました。
これを記念して、伊達市教育委員会では伊達市の開拓の歴史を正しく理解するための歴史読本を作成しました。
内容は、小学校中学年でも楽しく読み進められ知識を得ることができる物語になっています。

目次

第一章 有珠山のふもとで
第二章 亘理伊達家の源流
第三章 新天地を求めて
第四章 北海道へ渡る
第五章 失望と希望と
第六章 伊達の村
おわりに
縄文の声を聴いた10日間-縄文フェスタ奮戦記-の概要
著者・発行
作:大宮耕一 画:柳田祐希
発行:伊達市教育委員会
規格 A5版236ページ
出版年 平成31年
金額 1,500円
販売先
  • だて歴史文化ミュージアム
  • 北黄金貝塚情報センター
その他 上記でお買い求めできない方には、郵送で対応いたします。
※ゆうパック・ゆうパケット(着払い)
※詳しくは担当にお問い合わせください

お問い合わせ先

教育委員会生涯学習課文化財係
電話 0142-82-3299

メールメールでのお問い合わせはこちら

刊行物・出版物

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー