ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

ミュージアム企画展「亘理伊達家のお雛様展」

亘理伊達家のお雛様展

「伊達市のあゆみを見守ったまなざし」と書かれた、お雛様の顔が写った画像
明治3年、北海道伊達市に亘理伊達家家中が移住しました。
そのとき、たくさんの家宝は売り払われ、移住の費用に充てられました。しかし、その中でも絶対に手放さなかったものに「おひな様」があります。このおひな様とともに移住したのは、亘理伊達家に嫁いだ仙台藩最後のお姫様の伊達保子です。保子は、明治4年に家臣らとともに北海道に渡りました。
展示しているおひな様は幕末の激動の時代を保子とともに生き抜き、北海道でもいくつかの戦乱を乗り越えて今日、私たちの前にあるのです。
子どもたちの健やかな成長を見守り続けているおひな様をごゆっくりご覧ください。
※おひな様の保存のため、期間限定の展示になります

初公開「宇和島伊達家由来のおひな様」

宇和島伊達家由来のおひな様の写真
江戸時代初頭に伊達家本家から分家し、現在の愛媛県宇和島市の領主になった「宇和島伊達家」から、令和元年にだて歴史文化ミュージアムに寄贈されたひな人形を展示します。
公家の装束を忠実に再現した有職びな、表情豊かな五人囃子、ふくよかな体型と白い肌が特徴の御所人形など、江戸時代後期のものと考えられているこれらの人形は、当館初公開です。
ぜひ、ご覧ください。

開催期間

令和2年2月11日(火曜日)から3月22日(日曜日)

場所

だて歴史文化ミュージアム2階特別展示室

観覧料(常設展示の観覧料を含む)

  • 一般・大学生・高校生:300円
  • 小学生・中学生:200円
  • 未就学児:無料
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

教育委員会だて歴史文化ミュージアム学芸係
電話 0142-25-1056

メールメールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー