ここから本文です。

だて歴史文化ミュージアム

だて歴史文化ミュージアムのチラシ(表) だて歴史文化ミュージアムのチラシ(裏)
PDFだて歴史文化ミュージアムオープンのチラシ (6.3MB)


「だて歴史文化ミュージアム」は、文化財や美術品の展示・活用と文化・芸術の振興を一体化した博物館として、平成31年4月3日(水曜日)にオープンしました。
建物は「本館」・「体験学習館」の2つで構成されています。
本館1階には、ワークショップや講演会などが行える「ラーニング・スタジオ」と、歴史などに関する調べものができる「ライブラリー・コモンズ」を配置しています。
2階が有料の展示場となっており、伊達市の歴史・文化・自然を紹介します。縄文時代から現代までの地域の歴史などについて、わかりやすい解説とともに、旧伊達市開拓記念館に展示していた武具甲冑類や美術工芸品、重要文化財の有珠モシリ遺跡出土品などを常設で展示しています。年に数回行う企画展示では、他の博物館などから借用した資料も合わせて、さまざまなジャンルの展示を行います。
体験学習館には、北海道内唯一の藍生産地ならではの藍染め体験ができる「藍工房」や刀匠渡辺惟平さんの刀剣製作が見学できる「刀鍛冶工房」があります。

令和2年度 企画展示スケジュール

企画展示スケジュール
展示テーマ 展示場所 開催期間 備考

多文化との出会い 
※終了しました
2階特別展示場
令和2年5月19日(火曜日)から
令和2年8月23日(日曜日)まで
洛中洛外図屏風と京の文化
※終了しました
2階特別展示場 令和2年9月12日(土曜日)から
令和2年11月15日(日曜日)まで

見どころ紹介動画
(外部リンク)
フランク・シャーマン
浮世絵コレクション
※終了しました
1階ラーニング
・スタジオ
令和2年9月12日(土曜日)から
令和2年10月18日(日曜日)まで
亘理伊達家のお雛様 2階特別展示場 令和3年3月2日(火曜日)から
令和3年3月28日(日曜日)まで
※展示テーマや開催期間などは変更する場合があります
 

令和3年度 企画展示スケジュール

令和3年度企画展示スケジュール
展示テーマ 展示場所 開催期間 備考  

旅人が見た有珠 
 
2階特別展示場
令和3年4月17日(土曜日)から
令和3年5月30日(日曜日)まで
 
有珠モシリ遺跡 2階特別展示場 令和3年6月19日(土曜日)から
令和3年8月22日(日曜日)まで
     
武家の装い 2階特別展示場 令和3年9月11日(土曜日)から
令和3年11月30日(火曜日)まで
「木工 飛世」
2021だて展示会
1階ラーニング・ス
タジオ
令和3年9月11日(土曜日)から
令和3年9月26日(日曜日)まで
フランク・シャーマン展 1階ラーニング・ス
タジオ
令和3年10月9日(土曜日)から
令和3年11月30日(火曜日)まで
亘理伊達家のお雛様 2階特別展示場 令和4年3月1日(火曜日)から
令和4年3月27日(日曜日)まで
※展示テーマや開催期間などは変更する場合があります

企画展「旅人が見た有珠」チラシ記載の誤りについて

企画展「旅人が見た有珠」 のチラシ裏面において、以下の誤りがありました。
正しくは下記のとおりとなります。
誤:その帰路、有珠を訪れ、有珠山に登っております。
正:その帰路、有珠を訪れています。
訂正してお詫びいたします。
旅人が見た有珠のチラシの訂正箇所
 

行事・イベント

対話型鑑賞会

企画展「亘理伊達家のお雛様」の関連イベントで、だて歴史文化ミュージアムと市民サークルttemiyoのコラボ企画です。対話型鑑賞は、ひな人形を本来の意味合いを忘れて、観た時の感想や、そこから想像されることなどについて対話を通して鑑賞を深めます。
グループが一つの作品を前にし、「ファシリテーター」(支援者・促進者を意味します)と呼ばれる司会役を中心にして、対話を進めていきます。作品を次々と巡っていく通常の展覧会の作品解説・鑑賞と異なり、1点ずつの作品について自由な発想で深く掘り下げていくということが大きな特徴です。
興味のある方は、ぜひご参加ください。
 

開催日時

※各日、午前10時30分から1時間程度
 

参加料

常設展示(本館2階)の観覧料
 

申込方法

事前に申し込みが必要となります。
担当に電話するか、だて歴史文化ミュージアム窓口で申し込みください。
 

定員

10人(先着順)
 

開館時間

午前9時から午後5時(展示室への入場は午後4時30分まで)
 

休館日

観覧料・体験料

ラーニング・スタジオ(本館1階)

開催する催しによって異なります。

ライブラリー・コモンズ(本館1階)

無料

常設展示(本館2階)

特別展示(本館2階)

展示内容によって異なります。

藍染め体験(体験学習館)

作品の種類によって異なります。

詳しい内容はこちらをご覧ください。

関連リンク体験学習館の藍染め体験(内部リンク)

刀鍛冶見学(体験学習館)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、刀鍛冶見学は当面中止しています
なお、刀鍛冶工房前の「刀剣類の展示」はご覧いただけます。
見学無料

団体利用予約

事前の利用予約は当館の受付窓口や電話で受け付けます。
団体利用(15人以上)でご利用の場合は、事前に予約申込書の提出が必要ですので、当館の受付窓口に持参・FAX・メールのどれかの方法で提出ください。
DOCX予約申込書 (36.0KB)
PDF予約申込書 (595.8KB)

市内の学校が行う事業や市・市議会・行政委員会が主催する事業などで観覧する場合は、観覧料の免除が受けられることがあります。
減免の申請は、下記の利用申請書と減免申請書に必要事項を記入し、当館の受付窓口に持参・FAX・メールのどれかの方法で提出してください。
詳しくは予約時にご相談ください。
PDF利用申請書 (78.4KB)
XLS利用申請書 (39.0KB)
PDF減免申請書 (85.3KB)
XLS減免申請書 (39.5KB)
 

提出先

〒052-0022北海道伊達市梅本町57番地1
伊達市教育委員会だて歴史文化ミュージアム学芸係
電話:0142-25-1056
※電子メールで提出する場合は、予約申込書に記載しているメールアドレスに送信してください

だて歴史文化ミュージアムの構想

北海道伊達市には縄文文化やアイヌ文化、仙台藩亘理伊達家中の移住がもたらした武家文化まで、さまざまな文化が生まれ、輝いた歴史があります。
そして、どの時代も北方や南方の人々との交流があり、つねに異文化との接触がなされてきた街です。
だれもが「伊達市の生い立ち」を知ることができるとともに、文化の多様性の意義や多文化共生社会へ向けた取り組みについて、世代や立場の違いを超えて考えることができる博物館を目指しています。

Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

教育委員会だて歴史文化ミュージアム学芸係
電話 0142-25-1056

メールメールでのお問い合わせはこちら