ここから本文です。

ホーム >  市政情報 >  政策・計画 >  伊達市過疎地域自立促進市町村計画

伊達市過疎地域自立促進市町村計画

「過疎地域自立促進特別措置法」は、人口減少に伴い地域社会の活力低下、生産機能および生活環境整備などが他の地域と比較し低位にある地域(過疎地域)に、総合的かつ計画的な対策を実施するための必要な措置(事業など)を講じることを規定したもので、住民福祉の向上、産業の振興、生活環境の整備などで地域の自立促進を図ることを目的にしています。
伊達市では、この法律の規定に基づき、過疎地域とみなされる大滝区の振興発展の指針になる「伊達市過疎地域自立促進市町村計画」を策定しています。

計画の概要

計画期間:2016年度から2020年度までの5年間
将来像:「豊かな自然環境を活かしたまち」

重点施策

  1. 幹線道路などの整備と生活環境施設の整備
  2. 農林道の整備と、農林産品の生産・加工・販売体制の確立
  3. 滞在・滞留型の体験観光地の確立と交流事業の推進
  4. 環境保全と資源循環型リサイクル社会の推進
  5. 人材育成および国際交流事業の推進

一括ダウンロード

分割ダウンロード

第1章

PDF基本的な事項 (418.4KB)

第2章

PDF産業の振興 (155.1KB)

第3章

PDF交通通信体系の整備、情報化および地域間交流の促進 (151.0KB)

第4章

PDF生活環境の整備 (116.0KB)

第5章

PDF高齢者等の保健および福祉の向上および増進 (93.0KB)

第6章

PDF医療の確保 (75.6KB)

第7章

PDF教育の振興 (96.5KB)

第8章

PDF地域文化の振興など (48.4KB)

第9章

PDF集落の整備 (90.7KB)
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

企画財政部企画課企画調整係
電話 0142-82-3114

メールメールでのお問い合わせはこちら

政策・計画

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る