ここから本文です。

ホーム >  くらし・安全 >  防災・防犯・交通安全 >  洪水ハザードマップ

洪水ハザードマップ

洪水ハザードマップの写真
伊達市では、平成20年に「洪水ハザードマップ」を作成しました。
このハザードマップには、市内を流れる長流川と気門別川の堤防が大雨で決壊したときの浸水区域とその深さ、浸水到達時間や避難所などを掲載しています。
また、洪水のことだけでなく、地震・津波や火山の災害への心得も掲載していますので、いざというときに備えて、お住まいの地区の避難所や避難方法などを確認しておきましょう。
「洪水ハザードマップ」は作成当時、市内すべての家庭に配布していますが、お持ちでない方にはいつでもお渡しできますので、担当にお問い合わせください。

注意点

このハザードマップは、複数の堤防が決壊した場合の浸水範囲を同時に表示していますが、実際に堤防が決壊する場所によって、予想される浸水区域、浸水の深さや到達時間は異なります。
短時間の激しい雨や長期間にわたる雨、また、堤防決壊の想定をしていない小さな河川などの氾濫で表示以上の深さになる場合や、浸水が予想されていない地域でも浸水する可能性がありますので、気象情報や市からの情報などに十分注意してください。

一括ダウンロード

分割ダウンロード

洪水ハザードマップ分割ダウンロード表
ページ
内容
1ページ
2・3ページ
4・5ページ
6・7ページ
8・9ページ
10・11ページ
12・13ページ
14・15ページ
16・17ページ
18・19ページ
20・21・22・23ページ
24・25ページ
26・27ページ
PDF津波の心得 (523.3KB)
28・29ページ
PDF地震の心得 (2.4MB)
30・31ページ
32・33ページ
PDF火山の心得 (1.1MB)
34・35ページ
36・37ページ
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

総務部総務課危機管理室
電話 0142-82-3162

メールメールでのお問い合わせはこちら

防災・防犯・交通安全

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る