ここから本文です。

ホーム >  市政情報 >  市長の部屋 >  伊達市長からのごあいさつ

伊達市長からのごあいさつ


菊谷市長の顔写真

伊達市長の菊谷秀吉です。

蝉の声がいつの間にか涼やかな風に変わり、短い夏から実り多い秋へと、季節のうつろいを感じるようになりました。

8月の伊達武者まつりに始まり、9月の食のフェスティバル、10月のだて農業・漁業・大物産まつりと、いつもなら「歴史や食の宝庫」を象徴するイベントが続き大変にぎやかなこの季節ですが、今年は新型コロナウイルスの影響を受けこれらのイベントの中止を決めており、市民の皆さまにおかれましては例年とは違う秋を迎えることに、寂しさを感じていることと思います。

この暗い気持ちを吹き飛ばし、地域の活気を取り戻す強い気持ちのもと、すでにご案内しておりますとおり、伊達商工会議所と連携しプレミアム率50%の商品券「だてのまち応援券」を販売します。

「だてのまち応援券」は、小売店や飲食店はもとより、各種サービス業から建設業に至るまで、約200の店舗・事業者で利用することができ、すべての取扱店で新型コロナウイルス感染対策である「新北海道スタイル」を積極的に実施しておりますので、どなたでも安心してご利用いただけます。
また、地域経済の回復と市内事業者の皆さまを応援するこの企画ですが、この機会を利用してちょっと贅沢をしてみたり、普段なじみのないお店を利用してみてはいかがでしょうか。新たな発見や出会いは、必ず皆さまの気分を一新してくれることでしょう。


本日9月1日は「防災の日」です。近年深刻化する風水害や地震のほか、未だ活動を続ける有珠山の噴火は、いつ私たちに襲いかかってくるかわかりません。日頃から災害に備える意識、行動が重要です。
さらに、このコロナ禍においては、これまで以上の備えが必要となります。いま一度「新しい生活様式」を一人ひとりが見直し実践するとともに、防災意識の向上により日々の暮らしに安心をプラスし、伊達の豊かな実りをお楽しみください。

令和2年9月1日

お問い合わせ先

企画財政部企画課秘書係
電話 0142-82-3114

メールメールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る