ここから本文です。

ホーム >  子ども・教育・文化 >  妊娠・出産・子育て >  不妊治療費助成事業

不妊治療費助成事業

伊達市では、高額な医療費がかかる「不妊治療」を受けている方の経済的負担を軽減するため、治療費の一部を助成しています。

助成対象者

  • 不妊治療を受けている夫婦
  • 夫婦とも伊達市内にお住まいで、助成金申請日の1年以上前から引き続き伊達市に住民登録している方
  • 健康保険に加入している本人か被扶養者
  • 夫婦ともに市税の滞納がないこと

対象の治療

健康保険適用の不妊検査・治療、人工授精

助成内容

通算3回(3年度)まで助成(1年度に支払った治療費の自己負担分(夫婦合算)のうち、35,000円を限度とします)
※3月診療分から翌年2月診療分までを1年度とします。不妊治療で無事出産を迎えたご夫婦が再度不妊治療を受けるとき、出産以前に助成を受けた回数は通算しません

申請方法

次の書類を毎年3月10日までに担当窓口に提出してください。
ただし、不妊治療が終了しそれ以降治療予定がないときや、治療費の自己負担分の合計額が既に35,000円を超えているときは、その時点で申請できます。

必要書類

  • 不妊治療費助成金交付申請書
  • 不妊治療医療機関等証明書
  • 不妊治療費の領収書(3月診療分から翌年2月診療分までの1年度分)
  • 保険証の写し(夫婦2人分)
  • 市税完納証明書
市税完納証明書の詳しい内容はこちらをご覧ください。
関連リンク市税の証明をとるには(内部リンク)

注意事項

体外受精や顕微授精の特定不妊治療を受けたときは、北海道が行っている助成事業の対象になる場合があります。
特定不妊治療費助成事業の詳しい内容は北海道のホームページをご覧ください。
関連リンク北海道ホームページ(外部リンク)

お問い合わせ先

健康福祉部子育て支援課保育係
電話 0142-23-3331 (内線318・324・328)

メールメールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る