ここから本文です。

ホーム >  くらし・安全 >  防災・防犯・交通安全 >  有珠山・昭和新山の現地勉強会

有珠山・昭和新山の現地勉強会

伊達市では、火山や自然に興味のある方に、いきている有珠山・昭和新山を肌で感じてもらうため、平成15年から「有珠山現地勉強会」を開催しています。
火山の専門家を講師に、普段は立ち入ることができない火口原(火口内の平坦地)や、現在も噴気活動を続ける火口などを間近に、自然の驚異を体験できます。
火山に興味がある方は、ぜひご連絡ください。
※この勉強会への参加は「事前登録」が必要です
上空から見た有珠山の写真
上空から見た有珠山

登録方法

市の担当に電話でご連絡して、登録してください(伊達市外にお住まいの方も可能)。
※登録者には、有珠山・昭和新山現地勉強会のほかに防災に関する講演会などもご案内します
 

現地勉強会の内容

有珠山現地勉強会・昭和新山現地勉強会の内容は次のとおりです。

有珠山現地勉強会 

有珠山現地勉強会の内容
開催日時
令和元年秋ごろに予定
行程
未定(詳細は令和元年7月ごろに発表予定)
講師
宇井 忠英さん(NPO法人環境防災総合政策研究機構理事)
参加費 無料
※ロープウェイ使用のコースの場合、ロープウェイ代金の実費負担あり
募集人員
30人程度(申込多数時は登録者優先)
申込期間 未定
注意事項
  • 自家用車でお越しの方は、公共駐車場へお停めください。
  • 足場の悪い山道を歩きますので、登山できる服装や靴、軍手を用意してください。
  • ヘルメットは市で準備します。

昭和新山現地勉強会

※令和元年度は悪天候のため中止になりました
昭和新山登山学習会の内容
開催日時
令和元年6月22日(土曜日)午前9時から午後2時ごろ
※天候不順のときは中止
行程
昭和新山自然財団事務所横駐車場集合
(午前9時受付開始。参加者がそろい次第出発)
→三松正夫翁銅像
→入山ゲート
→左廻りコース
→ガレ場トラバース(崩落土砂堆積区域)
→屋根山北肩
→ドーム北東麓ガレ場トラバース
→亀岩(昼食準備)
→溶岩ドームに登る(山頂付近の亀裂で崩落の危険があるため、9合目付近で折り返し)
→亀岩(昼食休憩)
→右廻りコース
→グレン谷
→後山
→珊瑚岩下
→ゲート
→昭和新山自然財団事務所横駐車場(午後2時ごろまでに到着予定)
講師
三松 靖志さん(洞爺湖有珠火山マイスター)
参加費
無料
募集人員
20人程度(先着順)
申込期間
令和元年5月27日(月曜日)から6月7日(金曜日)
※平日の午前9時から午後5時
注意事項
自家用車でお越しの方は、自然公園内駐車場へお停めください(駐車料金500円)。
足場の悪い山道を歩きますので、登山できる服装や靴、軍手を用意してください。
ヘルメットは市で準備します。
※昭和新山生成の詳細は、三松正夫記念館(入館料300円)をご利用ください
※上記の日程・行程などは変更になる場合があります

お問い合わせ先

総務部総務課危機管理室
電話 0142-82-3162

メールメールでのお問い合わせはこちら

防災・防犯・交通安全

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る