ここから本文です。

ホーム >  くらし・安全 >  暮らし >  公園でイベントを行うときの手続き

公園でイベントを行うときの手続き

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う市内各公園における団体利用について

令和2年5月25日に北海道に対する緊急事態宣言は解除されましたが、いまだ道内で感染者が確認されている状況を踏まえ、引き続き新型コロナウイルス感染拡大防止のため、次のとおり市内各公園のイベントなどの団体利用についての取り組みを進めます。
※今後の感染状況や政府・北海道のガイドラインなどの変更により、変わる可能性があります

上限人数制限の段階的緩和

北海道により令和2年5月29日に示された新型コロナウイルス感染症対策に関する基本方針を受け、市内公園に対してのイベントなどの開催を次のとおり段階的に緩和します。
  1. 令和2年6月18日まで200人以内
  2. 令和2年7月9日まで1,000人以内
  3. 令和2年7月31日まで5,000人以内
  4. 令和2年8月1日から上限人数制限なし

公園の団体利用の条件

市内各公園のイベントなどの団体利用における条件は次のとおりです。
 
  1. 条件の適用期間:令和2年7月31日まで
  2. 団体利用の条件
  • 市内の団体や学校(高校含む)とし、不特定多数の参加者を集めないイベント・集会などであること。
  • 利用申請者は参加者の体調を確認し、具合の悪い場合は参加させないこと。
  • 飛沫感染・接触感染を防ぐための徹底した対策を行うこと。特に食事などを提供する場合は感染リスクが高くなるため留意すること。
  • 感染者が発生した場合に備え、参加者の連絡先を把握し緊急連絡先を周知しておくこと。また、行政機関による調査や自宅待機要請を受ける可能性があることを説明し、事前に参加者の了承を得ること。
  • イベント・集会などの終了後は、密接場面を作らないよう速やかに解散すること。
  • 利用申請者は上記の条件に合致するかチェックリストを作成し、事前に確認すること。
※「新型コロナウイルス感染症対策について(感染予防対策チェックリスト)」を条件の確認に使用してください
PDF新型コロナウイルス感染症対策について(感染予防対策チェックリスト) (179.9KB)
 

公園でイベントを行うときの手続き

公園は、子どもから高齢者まで多くの方がいつでも利用できる憩いの場ですが、そこでイベントや催しが行われると、普段の公園としての利用ができなくなります。
そのため、公園でのイベント開催を計画しているときは、事前に市に申請し許可を受けなければなりません。
市の許可を受ける場合、工作物を建てるか建てないかで申請方法が異なり、また、日程や内容によって許可がおりない場合がありますので、早めに担当にご相談ください。
市共催の事業や自治会などが行う非営利の公益性が高いイベントを開催するときは、使用料の減免が受けられることがあります。

工作物を建てるとき

具体例

  • 駐車場入口に案内看板を設置したい
  • 広場に仮設テントを設置したい

提出書類

  1. 行為許可申請書
  2. 公園平面図(1に添付・使用区域を記入)
  3. 公園占用許可申請書
  4. 公園平面図(3に添付・使用区域や設置物を記入)
  5. 公園使用料減免申請書
  6. 後援等名義使用承認を受けていることを証明できるもの

提出期限

1・2:イベント開催の5日前
3・4:イベント開催の工事着手日の15日前
5・6:市の許可後できるだけ早く
 

工作物を建てないとき

具体例

  • だて歴史の杜西広場を臨時駐車場として使用したい
  • サークルで公園の一部を使用したい

提出書類

  1. 行為許可申請書
  2. 公園平面図(使用区域を記入)
  3. 公園使用料減免申請書
  4. 後援等名義使用承認を受けていることを証明できるもの

提出期限

1・2:イベント開催の5日前
3・4:市の許可後できるだけ早く
 

手続きに必要な書類一覧

Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

建設部下水道課公園下水道係
電話 0142-82-3296

メールメールでのお問い合わせはこちら

暮らし

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る