ここから本文です。

ホーム >  健康・福祉 >  医療・保健・健康 >  エキノコックス症検診

エキノコックス症検診

エキノコックス症とは

エキノコックス症は、エキノコックスと言われる主にネズミとキツネ・犬に寄生している虫の虫卵が、偶然人の体の中に入ることで起こる感染症です。人間への感染は虫卵を口から摂取することで起こるため、人から人への感染や、ブタやネズミから人への感染はありません。

感染してから約10年は症状がありませんが、進行すると肝機能障害を引き起こし、最悪の場合死に至るおそろしい病気です。
全道的に見ても、毎年10数名の患者が見つかっていて、近年は伊達市でも、井戸水を使用している(していた)方や、山菜採りを趣味としている方などからも見つかる例があり、まだまだ注意が必要な病気です。

エキノコックス症の感染経路を示した画像
 

エキノコックス症を予防するためには

  • 外から帰ったら必ずよく手を洗う。
  • 沢水や井戸水、湧水は煮沸してから飲むようにする。
  • 野山の果実や山菜などを食べる際はよく洗うか十分熱を加える。(100度で最低1分間)
  • 飼い犬を放し飼いにしない。
  • 早期発見のために5年に1度は検診を受ける。

集団検診

伊達市では、エキノコックス症対策のため、採血検診を行います。この検診は、エキノコックス症を早期発見し、早期治療につなげることが目的で、5年に1度の受診をお勧めします。
エキノコックス症検診の内容
対象
伊達市にお住まいの小学校3年生以上の方で、5年以内に1度もエキノコックス症検診を受けていない方や、感染の可能性から受診を希望する方
内容
受診票の提出、採血(血液検査)
検診時間
10分程度(結果通知まで1ヵ月程度かかります)
検診料金
無料
受診方法
事前の申し込みは不要です。
受診票に記入の上、直接検診会場へお越しください。
検診日時
2019年7月3日(水曜日)・7月4日(木曜日) 午後4時から午後7時
検診場所
伊達市保健センター
北海道庁では、エキノコックス症の知識や予防に関する情報を提供しています。
詳しい内容は、北海道庁のホームページをご覧ください。
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

健康福祉部健康推進課予防係
電話 0142-82-3198

メールメールでのお問い合わせはこちら

医療・保健・健康

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る