ここから本文です。

ホーム >  子ども・教育・文化 >  妊娠・出産・子育て >  子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)予防接種

子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)予防接種

平成25年6月14日、厚生労働省の通知を受け、接種の積極的な勧奨を一時差し控えていましたが、その後ワクチンの安全性と有効性が副反応のリスクを明らかに上回ることが認められ、令和3年11月26日の同省通知で、令和4年度から接種の積極的勧奨を再開することになりました。

定期接種の対象者などの詳しい内容は、こちらをご覧ください。

ヒトパピローマウイルス感染症などの詳しい内容は、厚生労働省のホームページをご覧ください。

キャッチアップ接種について

子宮頸がんワクチンの積極的な勧奨の差し控えにより定期接種の機会を逃した方は、公平な接種機会を確保する観点から、令和7年3月31日まで接種が無料になります。

対象者

平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの女性(3回接種済みの方は除く)
※令和4年7月上旬に案内を送付しています
※令和4年度・令和5年度に定期接種の対象から新たに外れる平成18年4月2日から平成20年4月1日生まれの女性も順次キャッチアップ接種の対象になります

実施期間

令和4年4月1日から令和7年3月31日

接種医療機関

接種医療機関の詳しい内容は、こちらをご覧ください。

子宮頸がんワクチンの接種を自費で受けた方への費用の助成について

子宮頸がんワクチンの積極的な勧奨を差し控えていた間に自費で接種(任意接種)した方に対して、要した費用の全部か一部を助成(償還払い)します。

対象者

次の要件をすべて満たす方
  • 平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの女性
  • 令和4年4月1日時点で伊達市に住民登録がある方​
  • 16歳となる日の属する年度の末日までに子宮頸がんワクチンの接種を3回完了していない方
  • 17歳となる日の属する年度の初日から令和4年3月31日までに子宮頚がんワクチンを自費で接種した方(シルガード9(9価ワクチン)は対象外)
  • 伊達市以外の市町村から同種の助成を受けていない方​​

申請期間

令和4年7月1日から令和7年3月31日

申請に必要な書類

※接種記録が確認できる書類がない場合は、接種した医療機関が発行する「ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請用証明書(様式第2号)」が必要になります
PDFヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請用証明書(様式第2号) (81.1KB)

申請方法

上記の必要書類を伊達市健康推進課(保健センター)へ直接持参していただくか、下記に郵送してください。

郵送先

〒052-0021 北海道伊達市末永町39番地8
伊達市健康推進課予防係あて

助成金額

接種費用全額(最大3回分)
ただし、接種費用の支払いを証明する書類の提出がない場合は伊達市が定める金額

支給決定

申請書類の受付後、書類を審査し、交付か不交付決定通知書を申請者の住所にお送りします。
交付決定の方は、助成金申請受付日から約1ヵ月後に指定された口座へ振り込みます。

接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関

子宮頸がんワクチンの接種後に生じた症状について、適切な診療を提供するための協力医療機関が選定されています。
子宮頸がんワクチン接種した後に気になる症状が出たときは、まずは接種医療機関にご相談ください。
 詳しい内容は、こちらをご覧ください。

子宮頸がん検診を受けましょう

子宮頸がんで苦しまないためにできることは、子宮頸がんワクチンの接種だけではありません。がんの早期発見のため、20歳以上になったら2年に1回子宮頸がん検診を受けましょう。
子宮頸がんの詳しい内容はこちらをご覧ください。
関連リンク子宮がん検診(内部リンク)
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

健康福祉部健康推進課予防係
電話 0142-82-3198

メールメールでのお問い合わせはこちら

妊娠・出産・子育て

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る