ここから本文です。

ホーム >  健康・福祉 >  医療・保健・健康 >  赤十字救急法救急員講習

赤十字救急法救急員講習

思いがけない事故や病気から自分自身を守るだけでなく、目の前に急病人やケガ人がいるときに、正しく救助し、医師や救急隊に引き継げるよう、応急手当についての知識と技術を学びませんか。
 

基礎講習・養成講習

日本赤十字社伊達市地区(事務局:市社会福祉課)では、「赤十字救急法講習会」を年1回開催しています。
基礎講習では、手当の基本や人工呼吸・心臓マッサージの方法、AED(自動体外式除細動器)の使い方などを、また、養成講習では、日常生活の事故防止や止血の仕方、包帯の使い方、骨折などの場合の固定・搬送などの知識を学びます。
養成講習を修了し検定を合格した方は、赤十字救急法救急員の資格を取得できます。

※平成30年度の基礎講習・養成講習は、参加希望者数が最少催行人数に満たなかったため中止になりました。平成31年度の内容は決まり次第お知らせします
 

日時

基礎講習

平成30年9月2日(日曜日)午後1時から午後5時

養成講習

  • 1日目:平成30年9月8日(土曜日)午前9時から午後5時
  • 2日目:平成30年9月9日(日曜日)午前9時から午後5時
※基礎資格をお持ちの方は、養成講習だけの受講をすることができます

場所

基礎講習:市民活動センター交流室3・4
養成講習:市役所第2庁舎第1・2会議室

対象

15歳以上の方(伊達市外にお住まいの方も参加可)

定員

20人(先着順・最少催行人数10人)

受講費

無料(教材費など3,000円程度の自己負担があります)

申込方法

下記の開催要項にある参加申込書に必要事項を記載の上、お申込みください。
(窓口持参・郵送・FAXによる提出可)
※詳細はこちらをご覧ください
PDF赤十字救急法基礎・救急員養成講習開催要項 (184.6KB)

申込期間

平成30年8月1日(水曜日)から8月17日(金曜日)必着 
 

資格継続研修

救急員資格は有効期間が3年間ですが、有効期限1年以内の方はこの研修を受講することで、さらに5年間継続(延長)できます。
平成30年度は日本赤十字社伊達市地区(事務局:市社会福祉課)で、継続研修は行いません。
受講を希望する方は伊達赤十字病院(担当:社会課・電話:0142-23-2211)にお問い合わせください。
資格継続研修は、平成31年3月31日で廃止になります
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

健康福祉部社会福祉課社会係
電話 0142-82-3193

メールメールでのお問い合わせはこちら

医療・保健・健康

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る