ここから本文です。

ホーム >  くらし・安全 >  住まい >  水道の凍結にご注意ください

水道の凍結にご注意ください

気温がマイナス4度以下になると水道管や蛇口が凍結しやすくなります。
北海道内で気候が温暖と言われる伊達市でも、冬期間の水道凍結は年間400件を超えています。
北向きの場所や屋外、風当たりの強いところやむき出しになっている水道管などは特に注意が必要です。
皆さんのご自宅の水道はいかがですか。点検して水道を凍結から守りましょう。

水道の凍結を防ぐには

  • 水道管近くの床下換気口を閉じる。
  • 冬期間使用しない水道(車庫や庭の散水栓など)は、早めの水落としと防寒対策をする。
  • 水抜き栓(水落し栓)が正常に動くことを確認しておく。
  • おやすみ前や外出するときは水を落とす。

正しい水落しの手順(台所・洗面所の場合)

蛇口を開けて水を出す写真
  1. 蛇口を開けて水を出す
水道凍結は、水道管の中にある水が凍結することで起こります。
蛇口を開けて空気を入れることで、はじめて水道管の中の水が抜けていき凍結しなくなります。
混合栓の場合は、お湯と水両方の蛇口をあけてください。
※シングルレバー混合栓の場合、レバーを中央位置にしてから開けてください
水抜き栓のレバーを操作する写真
  1. 水抜き栓のレバーを操作する
市販されている水抜き栓はさまざまな種類があります。
一般的にレバー式水抜き栓の場合、「とまる」側にレバーを下げるか、時計回りにレバーをまわします。
また、電動式水抜き栓の場合は、リモコンの電源を入れ、水抜ボタンを押します。
水抜き栓を操作することにより、水道管内に空気が入り、水落しがされます。
蛇口に軽く指をあて吸い付きを確認する写真
  1. 蛇口に軽く指をあてる
蛇口に軽く指をあててみます。
指先は吸い付かれるような感覚があれば、水落としが正しくできています。
 

それでも凍結してしまったら

水道管や蛇口などにタオルを巻き付け、上からぬるま湯をゆっくりかけます。
タオルなどを巻かずにお湯をかけると、水道管や蛇口が破損することがありますので注意しましょう。
また、水抜き栓に外筒管が取り付けられているときは、キャップを上に持ち上げて、立ち上がり管と外筒管の間にお湯を注いでください。
外筒管のキャップを持ち上げてお湯を注ぐ写真
それでも水がでないときは無理をせず、早めに市指定の給水装置工事業者に修理を直接依頼することをお勧めします。
ただし、費用は自己負担です。

市指定の給水装置工事業者一覧(伊達市内)

伊達市指定の給水装置工事業者一覧(市内)
事業者名 所在地 電話番号
畑商会 北海道伊達市松ヶ枝町58番地 0142-23-2876
松浦組 北海道伊達市山下町147番地 0142-23-2179
ギケン 北海道伊達市長和町399番地1 0142-23-7076
早坂商会 北海道伊達市松ヶ枝町65番地7 0142-25-2075
永井組 北海道伊達市山下町178番地 0142-23-3064
クボタ設備工業 北海道伊達市山下町160番地14 0142-23-0604
新勝工業 北海道伊達市舟岡町130番地2 0142-25-4141
三品工務店 北海道伊達市有珠町222番地 0142-38-2005
アベ管機工業 北海道伊達市鹿島町59番地 0142-23-4777
丸福建設 北海道伊達市大滝区優徳町64番地15 0142-68-6361
高橋設備 北海道伊達市舟岡町45番地74 0142-25-6516
鈴木設備 北海道伊達市山下町132番地100 0142-25-0950
サガエ設備 北海道伊達市上館山町228番地 0142-82-6334
芦原設備 北海道伊達市舟岡町321番地32 0142-25-6072
※順不同・会社形態の表記省略
休日の水道修理は、市内の指定工事業者が加盟する「伊達管工事業協同組合」が市の委託を受けて、当番で修理にあたります。(電話:090-8705-4733・受付時間:午前8時30分から午後5時30分)
大滝地区は、丸福建設株式会社(電話:090-8709-7406)にご連絡ください。

お問い合わせ先

建設部水道課建設係
電話 0142-23-3331(内線417・418・419)

メールメールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る