ここから本文です。

ホーム >  健康・福祉 >  医療・保健・健康 >  日帰りドック受診のすすめ

日帰りドック受診のすすめ

日帰りドックとは、生活習慣病の予防をするために行う「特定健診」や「がん検診」のほか、個人のライフスタイルや個性に応じて受診できるオーダーメイドの総合健診です。
通常の健診では行えない検査も多数ありますので、ぜひご受診ください。
※令和元年度の受付は終了しました
 

対象者

国民健康保険制度

今年度中に年齢が40歳から75歳になる方で国民健康保険に加入している方

※次の項目にあてはまる方は日帰りドックを受けることができません
  • 特定健診(集団・個別対象者)か厚生連巡回ドックを受診する(した)方
  • 今年度の脳ドックの費用助成を受ける(受けた)方
  • 今年度の短期人間ドックの費用助成を受ける(受けた)方
  • 長期入院をしている方や施設に入所している方
  • 他の健康保険に加入している方
  • 伊達市に住民票がない方

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度に加入している方

※次の項目にあてはまる方は日帰りドックを受けることができません
  • シルバー健診(集団・個別対象者)を受診する(した)方
  • 今年度の短期人間ドックの費用助成を受ける(受けた)方
  • 長期入院をしている方や施設に入所している方
  • 他の健康保険に加入している方
  • 伊達市に住民票がない方

健(検)診日時

令和元年12月2日(月曜日)から12月6日(金曜日)の5日間
午前9時から正午

定員

各日50人(先着順)

場所

伊達市市民活動センター(所在地:北海道伊達市鹿島町20番地1)

実施機関

船員保険北海道健康管理センター

健(検)診費用

特定(シルバー)健診と下記の健診項目のうち胃・肺・大腸がん検診は無料、オプション検査のみ自己負担

健(検)診項目

問診、身体測定、血圧測定、尿検査、血中脂質検査、血糖検査、肝機能検査、腎機能検査、胃がん検診(バリウム検査)、肺がん検診(胸部X線検査)、大腸がん検診(採便検査)
※胃・肺・大腸がん検診は希望者のみ受診

オプション健診

オプション健診の費用は自己負担です。詳しい内容は下記の表をご覧ください。
※B・C型肝炎ウイルス検査は、初めて受診する方は無料です

オプション健診項目

オプション項目一覧表
検査項目 内容 検査方法
金額
(税込)
1.肌年齢測定 <日帰りドック限定> 
肌年齢が気になる方にお勧めします。大人気項目です。
検査機器 無料
2.血管年齢測定 <日帰りドック限定> 
なかなか知る機会がない血管の年齢を測定できます。
検査機器 無料
3.間質性肺炎検査 細胞の壁に炎症がおこる「間質性肺炎」にかかっているかどうかがわかります。
間質性肺炎は進行すると肺全体が固くなって呼吸困難を起こすことがあります。
粉塵・カビ・ペットの毛・薬剤などが原因になることがあり、息切れ・せきが続く方にお勧めします。
採血 1,760円
4.ヘリコバクター・ピロリ菌検査 人の胃内に生息している「ピロリ菌」の抗体量がわかります。
ピロリ菌は萎縮性胃炎・十二指腸潰瘍の一因と言われ、潰瘍などの再発や胃がんの再発にも関係しています。
過去に胃炎や胃潰瘍の経験がある方にお勧めします。
採血 2,640円
5.胃粘膜萎縮検査 「胃粘膜の萎縮の程度」がわかります。
胃の調子の悪い方や胃がんになりやすい状態かを知りたい方にお勧めします。
※胃の切除をした方は異常値になりますのでお勧めできません
採血 2,640円
6.胃の健康度検査(2+3セット) 「4.ヘリコバクター・ピロリ菌検査」と「5.胃粘膜萎縮検査」をセットで受けることで胃の健康度がわかります。
除菌が成功しても胃がん発生を完全には抑制できませんので、継続して検査を受けることが必要です。
※胃の切除をした方は異常値になりますのでお勧めできません
採血 4,840円
7.B型肝炎ウイルス検査 「B型肝炎ウイルスに感染したか」がわかります。
感染すると、肝炎・肝硬変・肝がんのリスクが上がります。
輸血歴のある方・肝臓が悪いと言われたことがある方・家族に肝炎の方がいる方には一度は検査をお勧めします。
採血 1,980円
8.C型肝炎ウイルス検査 「C型肝炎ウイルスに感染したか」がわかります。
感染すると、肝炎・肝硬変・肝がんのリスクが上がります。
輸血歴のある方・肝臓が悪いと言われたことがある方・家族に肝炎の方がいる方には一度は検査をお勧めします。
採血 2,860円
9.肝細胞がん検査 肝細胞がんを診断する検査です。慢性肝炎・肝硬変でも高値を示すことがあります。
※アルコール性肝障害やワーファリン・抗生物質を内服中、心臓病の治療中の方は高値になることがありますのでお勧めできません
採血 4,180円
10.膵炎検査 膵臓の病気である「慢性膵炎・膵がんなど」がわかります。
みぞおちや背中に痛みのある方、油ものを食べると下痢をしやすい方、お酒をたくさん飲む方にお勧めします。
※腎不全で透析を受けている方は高値になることがありますのでお勧めできません
採血 880円
11.膵・胆道がん検査 CA19-9と膵エラスターゼ1の2種類の検査方法を用いることで検査精度を高めた検査です。 採血 3,960円
12.消化器がん検査 主に消化器がん(胃がん・大腸がん・膵がん・胆道がん)を診断する検査として広く用いられているCEAという検査方法です。
他の臓器のがんや喫煙・糖尿病でも高値を示すことがあります。併せて「7.肝細胞がん検査」「9.膵・胆道がん検査」を受けることで充実した検査内容になります。
採血 1,540円
13.(9+11+12)セット 「9.肝細胞がん検査」・「11.膵・胆道がん検査」・「12.消化器がん検査」がセットになった検査です。 採血 8,800円
14.慢性腎臓病検査 「慢性腎臓病」が早期にわかります。
蛋白尿で経過を見ている方、過去に尿蛋白が出ていない方でも一度は検査をお勧めします。
採血 2,200円
15.早期膀胱がん検査 早期膀胱がんの診断に役立ちます。
膀胱炎でも陽性になることがあります。
採尿 2,640円
16.前立腺がん検査 前立腺肥大・前立腺炎がある場合でも異常値を示しますが特に高値の場合は前立腺がんが疑われます。
※男性のみ
採血 2,200円
17.(15+16)セット 「15.早期膀胱がん検査」と「16.前立腺がん」がセットになった検査です。
※男性のみ
採血と採尿
4,400円
18.子宮内膜症・卵巣がん検査 子宮内膜症や月経期、妊娠初期でも数値の上昇がみられることがありますが、子宮がん・卵巣がんの発見にも役立ちます。
※生理中は高値となることがありますので、お勧めできません
※子宮頸がん検査ではありません
※女性のみ
採血 2,200円
19.(15+18)セット 「15.早期膀胱がん検査」と「18.子宮内膜症・卵巣がん検査」がセットになった検査です。
※女性のみ
採血と採尿
4,400円
20.血液型検査 血液型を調べます。
自分の血液型がわからない方にお勧めします。
採血 1,100円
21.アレルギー検査 アレルギーを調べます。
アレルギーが気になる方にお勧めします。
採血 14,300円

申込方法

※令和元年度の受付は終了しました
下記の申込先に電話で、保険証の番号・住所・氏名・生年月日・性別・電話番号・受診希望日をお伝えください。
※受診時間は指定できません

申込期間

令和元年10月8日(火曜日)から11月8日(金曜日)

申込先

日本ATMヒューマン・ソリューション株式会社
電話:011-600-2301
受付時間:午前9時から午後5時(土曜日・日曜日、祝日を除く)

注意事項

受診前は、食事や飲み物の摂取制限があります。
特定(シルバー)健診(集団・個別対象者)や各種がん検診、脳ドック、短期人間ドック、厚生連巡回ドックとの重複受診はできません。誤って受診すると、健(検)診費用が自己負担になりますのでご注意ください。
特定健診や脳ドック・短期人間ドックの詳しい内容はこちらをご覧ください。 関連リンク脳ドック受診のすすめ(内部リンク)
関連リンク短期人間ドック受診のすすめ(内部リンク)

お問い合わせ先

健康福祉部保険医療課国民健康保険係(電話:0142-82-3197)
健康福祉部保険医療課医療給付係(電話:0142-82-3197)

医療・保健・健康

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る