ここから本文です。

ホーム >  産業・観光 >  農・畜産業 >  農地等の利用の最適化の推進に関する指針

農地等の利用の最適化の推進に関する指針

平成28年4月に「農業委員会等に関する法律」が改正され農業委員会の重要な必須業務として「農地等の利用の最適化の推進」が位置づけられました。
伊達市はそれぞれの地域で農地の利用状況や営農類型が異なっているため、地域の実態に応じた取り組みを推進し、それを行うための対策の強化を図ることが求められています。
以上のような観点から、地域の強みを活かしながら活力ある農業を築くため、農業委員会等に関する法律第7条第1項に基づき、令和5年を目標に3年ごとに検証・見直しを行う「農地等の利用の最適化の推進に関する指針」を定めたので同法第7条第3項に基づき公表します。
PDF農地等の利用の最適化の推進に関する指針 (220.9KB)
また、単年度の具体的な活動については、農業委員会等に関する法律第37条に基づく「目標及びその達成に向けた活動計画」を定めています。
詳しい内容はこちらをご覧ください。
関連リンク「目標及びその達成に向けた活動計画」(内部リンク)
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

農業委員会事務局農地係
電話 0142-82-3368

メールメールでのお問い合わせはこちら

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る