ここから本文です。

ホーム >  子ども・教育・文化 >  妊娠・出産・子育て >  新生児聴覚検査費用を一部助成します

新生児聴覚検査費用を一部助成します

伊達市では平成31年4月1日から新生児聴覚検査費用の一部助成を開始します。
詳しい内容はこちらをご覧ください。
PDF新生児聴覚検査費用を助成します (839.7KB)

対象者

伊達市に住民票があり、平成31年4月1日以降に出生した原則生後1ヵ月以内のお子さんで、下記の聴覚検査を実施し、自己負担があった方
※平成31年3月31日までに出生したお子さんや検査時点で転出したお子さんは対象外です

対象になる聴覚検査

  • 自動ABR(自動聴性脳幹反応検査)
  • OAE検査(耳音響放射検査)
※聴覚検査を実施していない医療機関で分娩する場合は、担当にお問い合わせください

助成内容

対象になる聴覚検査のどちらかのうち1回分(初回検査のみ)を自己負担で受けた場合、5,000円(税抜)を上限に償還払い制度(払い戻し)による助成を行います。
※上限を超えた分は自己負担になります。また、上限より少ない自己負担額だった場合は、その額を助成します
※自己負担がなかった場合や保険診療で受けた場合は、助成対象外です

受診票の交付について

母子健康手帳を交付する際に、「伊達市新生児聴覚検査受診票」をお渡しします。
すでに母子健康手帳を交付されている方には、平成31年3月末に受診票を送付しています。受診票が届いていない方は、担当にお問い合わせください。
他市町村から転入した方や紛失した方は、受診票を再交付しますので、担当にお問い合わせください。

医療機関別の助成方法

  1. 伊達赤十字病院で出産した方:「伊達市新生児聴覚検査受診票」を提出すると自己負担なく受けることができます。
  2. 製鉄記念室蘭病院・日鋼記念病院で出産した方:「伊達市新生児聴覚検査受診票」を提出しなくても自己負担なく受けることができます。
  3. 伊達赤十字病院・製鉄記念室蘭病院・日鋼記念病院以外の病院で出産した方:医療機関によって自己負担の有無が異なります。自己負担がある場合は、償還払い制度(払い戻し)をご利用ください。

償還払い制度の申請方法

申請に必要な次のものを持参し、担当窓口で手続してください。
申請時期は、検査を受けた月の末日から1年以内です。
  1. PDF伊達市新生児聴覚検査助成金申請書 (303.9KB)
  2. 母子健康手帳(検査日や結果、検査内容が確認できる記載があるもの)
  3. 検査費用が確認できる領収書や診療明細書
  4. お子さんの保護者名義の口座番号
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ先

健康福祉部健康推進課母子保健係
電話 0142-82-3198

メールメールでのお問い合わせはこちら

妊娠・出産・子育て

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る