ここから本文です。

ホーム >  健康・福祉 >  福祉 >  日本赤十字社ではウクライナ人道危機救援金を受付しています

日本赤十字社ではウクライナ人道危機救援金を受付しています

日本赤十字社では、救援金を次のとおり受け付けています。
お寄せいただいた救援金は、国際赤十字・赤新月社連盟、赤十字国際委員会、および各国赤十字・赤新月社が実施する、ウクライナでの人道危機対応及びウクライナからの避難民を受け入れる周辺国とその他の国々における救援活動を支援するために使われます。

救援金受付

募集期間

令和5年3月31日(金曜日)まで
※救援金の募集期間が延長されました

受付方法

市役所窓口

受付窓口

市役所1階8番窓口(社会福祉課社会係内)
平日(月曜日から金曜日、祝日を除く)の午前8時45分から午後5時30分

受付手順

受付窓口で救援金を寄付される旨をお申し出ください。

受領証

受領証をお渡しします。
ただし、小銭が多い場合などは後日郵送します。
※本救援金は個人住民税に係る寄付金控除の対象とはなりません。

通常払い込み(郵便局)

口座番号

00110-2-5606

口座名義

日赤赤十字社(ニホンセキジュウジシャ)

受領証

郵便局、ゆうちょ銀行窓口での取り扱いの場合、振替手数料は免除されます。
※通信欄に「ウクライナ人道危機」と記載し、受領証発行を希望する場合は併せて「受領証希望」と記載してください。

上記以外の協力方法について

銀行振込・コンビニエンスストア・Pay-easyなど、上記以外の協力方法もございますので、詳しい内容は日本赤十字社のホームページをご覧ください。
※個別の電話や訪問で、救援金の依頼・振込を求めることはありません。お金などを求める電話や訪問などがあった場合は、落ち着いて相手方をよく確認し、詐欺被害に遭わないように十分注意してください

税制上の取り扱い

個人からの救援金は、所得税法第78条第2項第3号、法人については法人税法第37条第4項に規定する寄付金にあてはまります。
本救援金は個人住民税に係る寄付金控除の対象とはなりません。

詳しい内容は、国税庁のホームページをご覧ください。

お問い合わせ先

健康福祉部社会福祉課社会係
電話 0142-82-3193

メールメールでのお問い合わせはこちら

福祉

本文ここまで

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る